FC2ブログ
にほんブログ村 旅行ブログ 国内一人旅へ
にほんブログ村

Article page

by
  • Comment:10
  • Trackback:0

「孝女白菊」って知っていますか?
僕は知りませんでした。

昨日記事にした数鹿流ヶ滝が見える展望台に石像と碑が建っています。

IMG_9703 (640x427)

IMG_9705 (640x427)

「孝女白菊」のことは知らなかったので、「孝」を「老」と思い込み、「老女白菊」と勘違いし、石造を見て、「老女」にしては若いなぁと不思議に思っていました(^^;

「 孝女白菊の歌」というのがあり、「白菊」のことを七五調の物語詩にしたもので 日本最長の詩ではないかと言われているそうです。
その歌が人々を感動させ、 明治28年にはドイツ語訳で、続いて明治33年には英語訳で出版され、国内にとどまらず国外まで
高く評価された詩だそうです。

IMG_9704 (640x427)

父親を探しているうちに歳をとり「老女」になったのかなぁと、この説明を読んだときに思ってしまったのです、「孝女(こうじょ)」って書いてあるのに(^^;

「孝女白菊の歌」の概略は、

西南戦争の頃、白菊の父は戦いに出ていました。その間、母親と熊本県阿蘇の山里に身を隠していましたが、母親は死んでしまいます。戦いが終わり父が帰ってきますがある日父が猟に出たまま帰ってこなくなり、白菊は行方知れずの父を求め旅に出るのです。
旅の途中、山賊に囚われているところを父親に勘当されて家を出ていた兄に助けられますが、二人を追ってきた山賊に襲われ二人はまた離ればなれになってしまいます。
その後、農夫の養女になった白菊のもとに縁談が持ち上がりますが、その縁談が嫌で身を投げようとしました。その時、離ればなれになっていた兄に再び助けられるのです。そして兄と故郷の家に向かうと、崩れかかった家には年老いた父が戻っていたという話です。

この話は阿蘇では実話となっていて、白菊の墓もあるそうなので行ってみたいと思います。

それにしてもまだまだ知らないことがあります、旅は本当にいろんなことが学べるなぁと、あらためて思いました。
POI
スポンサーサイト



BB
Posted byBB

Comments 10

-  
管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2016/01/22 (Fri) 07:27 | EDIT | REPLY |   
miyazyy  

ドラマのようなお話ですね。
白菊さん、とても強い女性だったのですね。

2016/01/22 (Fri) 11:07 | EDIT | REPLY |   
みかん  

こんな若くてきれいな像に「老」なんて・・・
白菊さんに、怒られちゃいますよ(^_^;)

2016/01/22 (Fri) 15:05 | EDIT | REPLY |   
うにトラ  

どんなに年をとってからでも題名に「老女○○」って付けられたら
やりきれないなー って、女性は誰でも思います(^-^)
でも、人間の目って1度勘違いすると間違ったままってことが確かにありますよね 
新しい発見 旅の醍醐味ですね

2016/01/22 (Fri) 15:25 | EDIT | REPLY |   
BB  
鍵付さま

コメントありがとうございます。

2016/01/22 (Fri) 17:02 | EDIT | REPLY |   
miyazyyさんへ  
Re: タイトルなし

感動のノンフィクションドラマです。たぶん。
昔の人は強かったんだなぁと思います。

2016/01/22 (Fri) 17:04 | EDIT | REPLY |   
BB  
みかんさんへ

こんにちは。
「孝女」っていう言葉が私の辞書の中になかったので・・・(^^;

2016/01/22 (Fri) 17:06 | EDIT | REPLY |   
BB  
うにトラさんへ

こんにちは。
たしかに、「老女」は失礼ですよね、反省しています。
以前も同じような勘違いがあったのでこれからは気をつけるようにします(^^;

2016/01/22 (Fri) 17:08 | EDIT | REPLY |   
アイハートブレイン  

去年訪ねた新潟県の出雲崎という小さな港町ですが、、、
(孝女ゆり)の碑が、有りましたよ。
こちらは、姑への孝行の話でした。ww

2016/01/22 (Fri) 17:11 | EDIT | REPLY |   
BB  
アイハートブレインさんへ

こんにちは。
「孝女ゆり」ですか。
日本各地に「孝女」がいたんですね。今もいますね(^^;

2016/01/22 (Fri) 17:30 | EDIT | REPLY |   

Leave a reply