熊本上空から

先日、羽田へ向かう飛行機では進行方向に向かって右窓側の座席を予約しました。

同じ時刻に離陸する飛行機を撮影。

IMG_1034 (478x640)
同じ時刻に離陸するJAL機


座席が左側だと、阿蘇やくじゅう連山を見ることが出来ますが、右側も雄大な景色が広がります。

飛行機は熊本空港の滑走路を通常、西から東に向けて離陸します。
離陸後、左に旋回しながら徐々に高度を上げていき、この上昇しながら左に旋回する時にまず見えてくるのが熊本市街地や、熊本の江津湖です。

IMG_1037 (478x640)
写真下にあるのが江津湖

そして、有明海を挟んで島原半島の雲仙普賢岳も見えます。

IMG_1036 (478x640)

さらに旋回していくと、天草諸島が見えてきました。

IMG_1039 (478x640)

写真右下が宇城市、上にあるのが天草上島で、この宇城市と上島を天草五橋と呼ばれる5本の橋で島々をつないでいます。
そのつながれた島を真珠の首飾りにたとえて「天草パールライン」とも呼ばれています。
この海域の波は静かで、時には鏡のような海面を見せてくれ、天草に渡る最初の橋、1号橋の近くには今年世界遺産に選ばれた、三角西港があります。
また、上島は天草四郎の出身地でもあり、天草全域には隠れキリシタンの関連施設が多くあります。

そんな天草諸島を見ながら飛行機はさらに左へ旋回し、そして見えてくるのが鹿児島です。

開聞岳

雲が多かったですが、噴火を続ける桜島と薩摩半島の先にある、薩摩富士と呼ばれる開聞岳も見ることが出来ました。

この後、飛行機はさらに上昇して厚い雲の上に出てしまい、残念ながら宮崎の日向灘は見ることはできませんでした。

でも、島原や天草、さらに遠く開聞岳も見ることができ短い時間でしたが空の旅を楽しみました。
こういう景色を観ていると、またその土地に旅行をしてみたいという気持ちになります。
雲仙温泉、開聞岳のある指宿温泉、天草の美味しい魚介類や隠れキリシタン資料館の見学など、見聞を広めたり、美味しいものに舌鼓を打ったり、温泉でのんびり、旅は本当に楽しいです。
POI
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

カウンター
カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
最新記事
カテゴリ
最新トラックバック
月別アーカイブ
フリーエリア
プロフィール

BB

Author:BB
温泉、食べ歩き、神社めぐり等、旅行が好きな(それも一人旅)オヤジです。
福岡県生まれで大分弁を操り、今は熊本に住んでいます。
家族3人暮らし中

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
FC2ランキング