Article page

by
  • Comment:8
  • Trackback:0

先日、おつりで2種類の千円札をいただきました。

そして、はて?どちらが新しい千円だったかなぁと考えてしまいました。

IMG_1001 (480x640)

IMG_1003 (480x640)

正解は野口英世の千円札が新しいのですが、よく見ると夏目漱石の千円札には「大蔵省印刷局製造」と印刷されていました。
ずいぶん古い千円札です。

裏面だけでは新旧の判別は付かないですね。

ところで、最初の千円札は昭和20年に発行された日本武尊が描かれた千円札で、現在の貨幣価値に換算すると約180万円だそうです。
できれば10枚くらい欲しい。でも今使えば、千円は千円ですね(^^;

次の千円札は聖徳太子が描かれたもので、昭和25年から使われました。
この時代のお札は全て聖徳太子だったんですね。

そして昭和38年に多くの方がなじみのある伊藤博文の千円になり、昭和59年からの夏目漱石に引き継がれるのです。

その夏目漱石から野口英世の千円札になってもう11年も経つのですね。

10年以上前に製造された夏目漱石の千円札、先日支払いに使いましたがまた長い旅を続けるのでしょうか?
POI
スポンサーサイト
BB
Posted byBB

Comments 8

chococake55  

千円札も、随分代替わりしているのですね。
流石に、日本武尊が描かれた千円札は見たことがありませんが、その当時はかなり価値があったのでしょう。
大きさも変わっているのでしょうか?
夏目漱石の千円札より、野口英世の千円札のほうが大きく見えます。

2015/11/18 (Wed) 08:58 | EDIT | REPLY |   
mama  

お札ってじっくり見たこと無いけど、面白いですね
時の流れって、ホントに早いですよね~11年なんて
あっという間に過ぎてしまった感じですね(^_^;)

2015/11/18 (Wed) 12:09 | EDIT | REPLY |   
みかん  

似ていますよね?!(^_^;)

少し前にはお店等でたまに旧1000円札が帰ってきたりすると 違うお札にビックリしますが 旧千円札だけ見ると今のお札だと感じてしまいます。

2015/11/18 (Wed) 16:37 | EDIT | REPLY |   
BB  
chococake55さんへ

こんにちは。
夏目漱石と野口英世の千円札は同じ大きさです。
画像では確かに大きさが違うように見えますね。
五百円札があったころは日本武尊の札ではないですが千円札はもっとありがたかったのですけど(^^;

2015/11/18 (Wed) 17:08 | EDIT | REPLY |   
BB  
mamaさんへ

できれば、一万円札をじっくり見てみたいです(^^;
夏目漱石の千円が銀行に行くことはなくさらに10年以上旅をしてもらいたいです。

2015/11/18 (Wed) 17:11 | EDIT | REPLY |   
BB  
みかんさんへ

夏目漱石の千円札、もしかしたら二千円札よりも出合う確率が高いのかも(^^;
まだまだ坊ちゃんにはがんばって欲しいです(笑)

2015/11/18 (Wed) 17:14 | EDIT | REPLY |   
ぷる  

こんばんは♪
おつりで、来たのですか?
なんだか得した気分・・・でも千円は千円でしたね(⌒▽⌒)
きっともう使えないで保存しておきますよね?

私も新旧もっています。
私的には、新しいのは色が沢山使われていて綺麗です。
そうそう。500円札とかも持っているんですよ〜

2015/11/18 (Wed) 21:01 | EDIT | REPLY |   
BB  
ぷるさんへ

おはようございます。

夏目漱石さんは使っちゃいました(^^ゞ
たぶんまた人から人へと長い旅が続くんでしょう。

500円札、懐かしい。
やはり復活してほしいです、そうすれば千円札のありがたさがアップする気がします(^^)

2015/11/19 (Thu) 05:26 | EDIT | REPLY |   

Leave a reply