島原城

島原の乱の一つの要因となった島原城です。

IMG_8302 (640x427)


島原城は1616年、日向延岡に転封した有馬直純に代わって島原を納めるようになった松倉重政によって建築されます。

この松倉重政とその養子である松倉勝家が悪い奴なんです。

禄高4万3千石でありながら10万石の大名の城に匹敵する分不相応な規模の城を築くために、延べ100万人といわれる人夫を動員し、7年余の歳月を費やすのです。
お金もいるため、領内の実勢石高の倍近くの年貢を領民に課しました。

父の重政は南蛮貿易の利を得ていたため、最初は領内のキリシタンを黙認していました。
しかし、江戸幕府のキリシタン弾圧政策に従ってキリシタンの弾圧を開始し、徐々にそれは雲仙地獄で熱湯を使ったキリシタンへの拷問さらに処刑を行うなど非情なものになっていきます。
そして、1630年に57歳で急死するのですが、その死は、あまりにもひどい悪政を見かねた幕府による毒殺とか、罪のないキリシタンたちを責め殺したために狂死したなどのうわさが流れたそうです。

後を継いだ養子松倉勝家は父親に輪を掛けたような悪政を行います。
キリシタンへの弾圧はもちろんのこと、1634年から続いた凶作では、領民に餓死者が続出しているのに納税が遅れると、家族を人質に取り拷問を加えました。
また税を納められない農民に蓑を着せ、火をつけ、転げまわってもだえる様子を「蓑踊り」と称して楽しんでいたともいわれます。

そんな毎日が続いていた1637年10月25日、年貢が納められない庄屋の臨月の妻が人質として捕らえられ、裸で水牢に入れられていました。
その妻は6昼夜苦しんだあげくに胎児と共に死んでしまいます。

これがきっかけになり、農民が蜂起し代官所の代官を殺害して島原の乱が始まるのです。

乱の鎮圧後、幕府はあまりにも残虐なこの政策を「政道よろしからざる故」として松倉家の領地を没収しました。
そして、通常、切腹を命じられるのですが、勝家は一介の罪人として斬首刑に処されました。

そんな悪い親子によって建てられた島原城。
青い空を背景に白色の五層の天守がよく溶け込んでいます。

IMG_8303 (640x427)


歴史には「もし」はないといいますが、もし松倉家が島原に来なかったら乱は起こらなかったかもしれませんし、そしてこの城も出来なかったのです。
POI
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

こんにちは~

BBさんの解説 分かり易いですぅ~

島原城 素敵なお城ですがそんな悪い松倉重政とその養子である松倉勝家がいたのですね!
その時代に生まれた人々は産まれた時代が悪いと 一言では片づけららないお気の毒です。
確かに歴史は「もし」はありませんね。

これからも私でもよく分かる解説でお願いします(笑)

Re: こんにちは~

分かりやすいですか?
ありがとうございます。
でも超いい加減に書いていますので、さらに知りたい時は調べてみてください。
もしかしたら、「BBはうそつき」ってなるかも(笑)
これからもなるべくわかりやすく書きます・・・プレッシャー(^^ゞ

No title

私も4月に島原城行きました~♪
またまた私も松倉の悪口を言いながら、だから島原の人たちは乱を起こしたんだよ~。と説明をしていました。(姫松屋でのこと)
その後、お城の2階あたりで背筋がぞわぞわ~として鎧を直視できない事態になりました。
呪いか!!となり慌ててその場を離れたら、すっかり元気に!なんてウソのようなことがあったんです。
今回改めて、もう一度島原の歴史を学習できて良かったです!!

Re: No title

たしか雲仙観光ホテルに宿泊されたんですよね。
同じようにと思ったのですが、小浜温泉に宿泊しました(^^ゞ
姫松屋さんでもちろん具雑煮いただきました(^^)
でも島原城には入っていません、背筋が凍りつくのが嫌だったから(笑)
実は明治維新まで城主だった松平家は、当主が若くして他界している人が多いんですよね。
もしかしたら呪いがあるのかもしれませんね。

カウンター
カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
最新記事
カテゴリ
最新トラックバック
月別アーカイブ
フリーエリア
プロフィール

BB

Author:BB
温泉、食べ歩き、神社めぐり等、旅行が好きな(それも一人旅)オヤジです。
福岡県生まれで大分弁を操り、今は熊本に住んでいます。
家族3人暮らし中

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
FC2ランキング