FC2ブログ
にほんブログ村 旅行ブログ 国内一人旅へ
にほんブログ村

Article page

by
  • Comment:2
  • Trackback:0

今日3月21日は彼岸の中日ですね。


江戸時代、小豆の赤色が邪気を払い災難から身を守る効果があると広く庶民に信じられていて、これが先祖供養に結びつき、おはぎやぼたもちを先祖に供えて食べる習慣ができたそうです。

ということで邪気を払うためにおはぎを買ってきました(^^)

KIMG1463 (640x480)

熊本では知らない人はいない、くつろぎのごちそう お菓子の香梅のおはぎです。

KIMG1464 (640x480)

こしあん、つぶあん、きなこと3拍子そろったおはぎです。

KIMG1465 (640x480)
6個入り 720円(税込)

香梅のおはぎは、東の空が明るくなるころに仕上がる出来立てのおはぎで、賞味期限は1日。
明日からはもう販売されないから今日がラストチャンス、慌てて買いに行きました(^^)

ところで、彼岸とは到被岸(とうひがん)を略したものです。
その到被岸は「煩悩に満ちた世界から解脱した悟りの世界」という意味をもっていて、煩悩に満ちた世界は此岸(しがん)といって、私たちが生活している現実の世界を表し、解脱した悟りの世界が、仏の世界である極楽浄土が彼岸(ひがん)をあらわしています。

修行を積み悟りの境地に達することで、煩悩に苦しむ現実世界の此岸から仏の世界の彼岸に渡る事が出来るそうですが、おはぎを食べたいという煩悩を捨てたら極楽浄土に行けるのかなぁ(^^ゞ

でも、煩悩を捨てることはできないのでいただきました(^^)

KIMG1466 (640x480)


おはぎは元々厄除けとして広まったお菓子だから煩悩というよりお守りですよね。と勝手に解釈(笑)

くつろぎのごちそう、美味しくいただきました。
ごちそうさまでした。
POI
スポンサーサイト



BB
Posted byBB

Comments 2

ぷる  
No title

美味しそうなおはぎですね!!
一応、和菓子屋の産まれなもので
あんこと餅で育ちました。
(でも、太ってはいません〜)

煩悩のかたまりで、頂いちゃいます。

2015/03/21 (Sat) 21:44 | EDIT | REPLY |   
ぷるさんへ  
Re: No title

そういえば、和菓子屋さんの御嬢さんでしたね。
どんな煩悩を売っていたんでしょう?(^^ゞ
近所に個人経営の和菓子屋さんがないのが残念です。
大量生産のとはまた違った、愛がこもった和菓子を提供してくれるから。

2015/03/22 (Sun) 09:43 | EDIT | REPLY |   

Leave a reply