FC2ブログ
にほんブログ村 旅行ブログ 国内一人旅へ
にほんブログ村

Article page

by
  • Comment:0
  • Trackback:0

大分を代表する菓子店「菊家」。レモンケーキの発祥の店といわれ、何度か紹介したことがある菓子メーカーですが、今回初めて工場を訪問しました。工場といっても製造現場に入ったのではなく併設される売店へ。

きくやKIMG0542 (1) (640x480)

買ったお菓子をその場で食べられるイートイン用に設けられたテーブルや椅子。

きくやKIMG0542 (5) (640x480)

そして工場ならではのアウトレットコーナーも。

きくやKIMG0542 (6) (640x609)

イチゴ大福やカスタードどら焼き、ロールケーキなどの要冷蔵のものが多かったです。焼き菓子も賞味期限が残り1週間くらいのものがアウトレットコーナーに並んでいました。

工場入口の隣に「おしごと館」があります。

きくやKIMG0542 (28) (640x480)

入館すると創業者の斎藤夫婦がお出迎え。

きくやKIMG0542 (33) (640x480)

ガラス越しに作業風景を見学できます(撮影不可)。
訪れた日はイチゴのケーキを箱詰めにしたりしていました。大きな機械が動いてお菓子を作っている風景は見えませんが、ビデオ映像で菊家の代表的なお菓子数種類について、作り方が流されています。

きくやKIMG0542 (12) (640x480)

これけっこう面白かったです。全行程機械でやっているかと思ったら、一部、例えば餡子を練る工程は手作業だったり、プリンどらの生地をかぶせるのが手作業だったり。
一部手作りなのには感心させられました。

館内には色々な展示物があります。

きくやKIMG0542 (24) (640x480)

きくやKIMG0542 (21) (640x480)

きくやKIMG0542 (14) (640x480)

初め、なんでこんなのが展示されているんだろうと思いました。
で、よく見てみると、それぞれの作品にはこのような掲示が。

きくやKIMG0542 (15) (640x480)

なんと全部お菓子なんです。

工場の職人が丹精込めて作ったのでしょうね。
こういう芸術品を作り出す菊家だからこそ、美味しいお菓子を届けてくれるのでしょうね。
POI
スポンサーサイト



BB
Posted byBB

Comments 0

Leave a reply