fc2ブログ
にほんブログ村 旅行ブログ 国内一人旅へ
にほんブログ村

Article page

by
  • Comment:0
  • Trackback:0

歴史ある建物の中で小一時間ほどコーヒーを楽しんで、さあ、出発しよう。その前にトイレ(^^♪
スタバではなく仙巌園で済ませようとそちらへ。入り口スタッフにトイレの場所をきき、そして用をすませてお礼を言い帰ろうとすると、
「鷹狩りを見て帰らないのですか?」
って。

鷹狩2021 (2) (640x427)

なんでも、毎年この時期に園内で披露していて、訪れた日が今年最後の開催日。さらにスタッフが
「鷹狩りを楽しみに来られる方も多いのです」
なんて言われたら、見学して帰るしかないでしょう(^^♪
というjことで開始時間までまだ40分近くあったけど、とどまって見学しました。

開始10分くらい前、鷹匠がやってきました。

鷹狩2021 (3) (640x427)

仙巌園では、薩摩藩の領内で「鷹狩」が盛んだったことや、初夢で鷹を見ると縁起が良いとされていることから、年明けのこの時期に鷹狩の技を披露しているそうです。

鷹ってかっこいいですね。

鷹狩2021 (4) (640x427)

演技に入ります。

鷹狩2021 (5) (640x427)
鷹を放つ前
鷹狩2021 (6) (640x427)
鷹が戻ってきます
鷹狩2021 (7) (640x427)
鷹匠の手にとまりました

庭の松や桜の木に鷹を飛ばし、そして呼び戻す「渡り」と呼ばれる技です。
鷹をどうやって訓練したんでしょうね。すごいです。
そして最後に「一富士、二鷹、三茄子にちなんだ「一桜島、二鷹、三茄子」として、茄子を疑似餌として放って鷹がそれをキャッチする縁起物のパフォーマンスも披露されました。

なかなか見ることができない鷹狩り。面白かったです。
「鷹狩りを見て帰らないのですか?」
って言ってくれた仙巌園のスタッフに感謝です。
POI
スポンサーサイト



BB
Posted byBB

Comments 0

Leave a reply