fc2ブログ
にほんブログ村 旅行ブログ 国内一人旅へ
にほんブログ村

Article page

by
  • Comment:2
  • Trackback:0

神話、「因幡の白うさぎ」の話は有名ですよね。
でも、今日は神話ではなくてお菓子の生地です、いや、記事です(^^ゞ

山陰銘菓 「因幡の白うさぎ」
モンド・セレクション3年連続金賞を受賞したそうです。

IMG_5641 (640x427)
包装
IMG_5642 (640x427)


箱には、大国主命が白うさぎを助ける場面が描かれています。
この白うさぎにウソの治療法を教えたのは大国主命のお兄さんたちだったんですよね。
そして、大国主命が担いでいる大きな袋はお兄さんたちの荷物で、そのために歩くのが遅くて、お兄さんたちよりも遅れていたので、お兄さんたちにいじめられた白うさぎを助けることが出来たのです。

IMG_5643 (640x427)
山陰銘菓 因幡の白うさぎ
IMG_5645 (640x427)
山陰銘菓 因幡の白うさぎ

可愛い形をした饅頭です。
餡は黄身餡で、特にこれといった特徴があるわけではないけど美味しいです。
生地は、愛媛の銘菓「母恵夢」や大分の中津の銘菓「ビスマン」に似ているような気がします。
ただ、「母恵夢」も「ビスマン」も最近食べてないから勘違いかも。

他に、抹茶餡のものもあります。
その他、やはりうさぎの形をした、「白ウサギフィナンシェ」とかもあるようです。
山陰は「白うさぎ」一色ですね。

兎はその伸びやかに跳躍する様から古来より『福』のある縁起物だと親しまれている動物だそうです。

その幸運を呼ぶ兎が島根県立美術館にあります。
美術館の庭に、宍道湖に向って12羽のぴょんぴょん跳びはねる兎の像があります。
この兎達の前から2番目の兎を触ると幸せが訪れるそうです。
さらに西の方向に向かって優しく撫でるとさらに効果がアップすると言われています。

P1000049 (360x640)

島根県立美術館の庭で、「因幡の白うさぎ」を食べながらこの兎像に触り、さらに宍道湖の夕陽を見ると最高に幸せな気分を味わえるでしょうね。
次回山陰に行った時は、宍道湖の夕日を見ることが出来るように毎日見えない力を信じて過ごそうと思ってます。
POI
スポンサーサイト



BB
Posted byBB

Comments 2

pico  

因幡の白うさぎ〜(^-^)
かわいい形してますね
銘菓には動物の形をしたものが
いろいろありますね
お土産で頂いたりすると
かわいい〜♪食べるのかわいそう〜!
とか言いながら、美味しくいただいてます
因幡の白うさぎも
とっても美味しいそう
うさぎ、おいし、かの山〜♪
あ…
美味しじゃなくて、追いしでした?

2014/09/11 (Thu) 08:36 | EDIT | REPLY |   
picoさんへ  
Re: タイトルなし

おやじギャグはやめてください。
picoさんのイメージが崩れます(^^ゞ
因幡の白うさぎ、とても美味しいですよ、だって、モンド・セレクション金賞だもん(^^)
山陰に行ったときはぜひ買ってみてください。

2014/09/11 (Thu) 20:59 | EDIT | REPLY |   

Leave a reply