fc2ブログ
にほんブログ村 旅行ブログ 国内一人旅へ
にほんブログ村

Article page

by
  • Comment:0
  • Trackback:0

大分の菓子店「菊屋」の南蛮菓のひとつ「ボンディア」。熊本の「武者返し」北海道の「ノースマン」や「ロマネスク函館」と同じようにパイ生地にあんこが入ったお菓子です。

IMG_0440 (480x640)

上が「武者返し」、下が「ボンディア」。
北海道のものと武者返しの食べ比べをしましたが、もし目隠しをして食べたらどれがどれかわからない、それくらい似たお菓子です。ノースマンやロマネスク函館には小豆餡以外の餡がありました。そのてん、武者返しもボンディアも小豆餡だけで勝負している、ある意味、頑固なお菓子だ!と思っていたのですが、ボンディアにまさかの芋餡と栗餡が・・・。

P_20191216_194457_vHDR_On (640x480)

ボンディアは菊家の”南蛮銘菓”の最初のお菓子で、昭和53年にポルトガル・アベイロ市と大分市が姉妹都市となった記念として創作されました。異国の地の素材や作り方を学びながら、日本古来の素材である小豆餡をアレンジし、パイ生地で包んだ、お菓子です。
そのボンディアに季節限定とはいえ栗餡と芋餡。食べてないので味は??ですが、たぶん栗餡は北海道千秋庵の「ノースマン栗」と同じようなものなんだろうなと勝手に思っています。餡を変えた派生商品を否定するわけではないけど、やはりそのお菓子を開発した時の心意気が残る本来の味を楽しみたいです。
今のところ熊本香梅の武者返しは小豆餡のみ。
「津軽じょっぱり」、「土佐いごっそう」と共に、日本三大頑固のひとつに数えられる「肥後もっこす」で、餡に浮気をせず初心を貫いてほしいです(^^♪
POI
スポンサーサイト



BB
Posted byBB

Comments 0

Leave a reply