FC2ブログ
にほんブログ村 旅行ブログ 国内一人旅へ
にほんブログ村

Article page

by
  • Comment:4
  • Trackback:0

鹿児島大隅半島の垂水(たるみず)に足湯につかりながら桜島が眺められる道の駅があります。

足湯 (12) (640x480)

「桜島見えないよ!」
あ、これは反対側から撮影しました。逆光だったのでちょっときれいに写すために。
こちらが桜島を背景にした足湯です。

足湯 (15) (640x427)

この足湯は全長60mで完成した天然かけ流しでは当時日本最大級の足湯だったのですが、このブログでも紹介したことのある長崎小浜温泉の「ほっとふっと105」が105mで現在は最長のようです。(ちなみに105mになったのは源泉温度が105℃だから)。

足湯の沖には沢山のイケスが見えます。ここではブリが養殖されています。そしてその名も「ブリ大将」。いい名前です(^^)

足湯 (11) (640x480)

その「ブリ大将」が酢飯にのった海鮮丼が道の駅内にあるレストランでいただけます。

IMG_2228 (478x640)

大きく切られた、ブリ、かんぱち、鯛の刺身がのっています。

かんぱちは、「桜勘かんぱち」と命名されこちらもブリ同様のブランド魚です。
お茶配合の特製飼料を与えることでビラミンEが増加、魚自体の鮮度を保つとともに魚臭さがなく、さらにコレステロールが減少しているヘルシーなかんぱちで、透明感のある身が特徴です。
めちゃくちゃ美味しいですよ。

売店ではこんなものが販売されています

KIMG1451 (640x480)

モクモクと噴煙を上げる桜島。時折起こる爆発的噴火などで舞い上がる火山灰が降ってきます。地域住民の方は窓は開けられないし、洗濯物を外に干すなんて絶対にできません。火山灰が降れば雪かきならず「灰かき」をしないといけないのです。
そんな住民の苦悩が詰まった桜島火山灰の缶詰。お土産にいかがでしょうか。

足湯を楽しんでいる時に爆発的噴火が見られるかも。そんな時は風向きに気をつけてください。すぐにあたり一面灰だらけになってしまいます。
そんな時は道の駅店内に入って新鮮なブリ大将がのった海鮮丼をどうぞ。
POI
スポンサーサイト
BB
Posted byBB

Comments 4

くろすけ  
こんにちは

垂水、懐かしい地名です・・・ここにはフェリーの港がありますよね?
はるか昔、父の故郷を訪れた際、東京から寝台特急「はやぶさ」で西鹿児島へ。
その後、フェリーに乗って、更に日南線?で鹿屋まで。
2日がかりの行程でした^^;
今は随分、発展したと思いますが、当時は、大きな黒豚を飼う家が沢山有って
住まいと同じ屋根下に居たのが印象的な街でした^^

2018/08/10 (Fri) 13:24 | EDIT | REPLY |   
BB  
くろすけさんへ

こんばんは。
フェリーは今も運航しています。西鹿児島は九州新幹線の開通に伴い鹿児島中央に変更されました。そして再開発されています。
垂水から鹿屋へは「大隅線」ですね。もう廃線になってしまっていますが、東京からだと2日がかりというのは納得できます。
当時と変わらないのが桜島ではないでしょうか。

2018/08/10 (Fri) 20:19 | EDIT | REPLY |   
いとこいさん  

こんばんは
昨年鹿児島に行きました。
桜島見てきましたよ。仙厳園からの眺め最高でした。
霧島神宮へ行った時にバス停のところで 足湯がありバス時間待ちの間 使いました。
気持ちがよかったです。

2018/08/10 (Fri) 22:35 | EDIT | REPLY |   
BB  
いとこいさんへ

おはようございます。
仙厳園からの桜島は最高ですよね。桜島を築山に、錦江湾を池に見立てた雄大な景色。篤姫もこの景色がとても好きだったとか。

霧島神宮の足湯、あの大鳥居がある場所のですね。ちょっと硫黄の臭いがしますが霧島神宮を歩いて後の休憩にはいいです。霧島神宮駅や鹿児島空港にも足湯があります。また鹿児島を訪れた時は楽しんでください。

2018/08/11 (Sat) 06:17 | EDIT | REPLY |   

Leave a reply