FC2ブログ
にほんブログ村 旅行ブログ 国内一人旅へ
にほんブログ村

Article page

by
  • Comment:8
  • Trackback:0

尾道駅を降りて商店街のほうに向かう途中、旅の出で立ちで座り込む林芙美子の銅像があります。

はやしふみこ (5) (640x427)

“私は宿命的に放浪者である”と語っていた林芙美子を思わせる像です。
多くの観光客がここで記念撮影するのかと見ていましたが、たまに立ち止まる人もいましたが誰も見向きもしません(^^;
近くにある「おやつとやまねこ」のプリンを買うのには行列が出来ていたのですが・・・・。

尾道に行かれた方は歩いたと思いますが千光寺山頂の公園から始まる「文学のこみち」
美しい空と瀬戸の海を望むまるで絵画のような風景が広がる散策路です。

hayasihumikoさん (2)

文学のこみちには尾道ゆかりの作家・詩人の詩歌や小説の断片が点在する自然石に刻まれています。
林芙美子の放浪記の一説も。

hayasihumikoさん (1)

(明暗差で石に刻まれた文字が写真にうまく納まっていないので傍にあった立て札で)

“海が見えた。海が見える。五年振りに見る尾道の海はなつかしい”
尾道は芙美子が十三歳から高等女学校を出るまでの約六年間を過ごした土地なんですよね。
だから駅前に銅像が建っているのです。

そして「林芙美子記念館」も商店街にあります。

はやしふみこ (6) (640x427)

この記念館がある場所は数年前まで「喫茶 芙美子」でした。

館内は芙美子の生涯を写真や年表で紹介し、作品の資料などが所狭しと並んでいます。そして記念館の裏には林芙美子が使用していた部屋も。

はやしふみこ (3) (640x427)

はやしふみこ (2) (640x427)

で、ですね。この林芙美子記念館、いないんです、来館者。
新しくきれいな記念館なのに、表には芙美子のパネルもあるのに、そして入館料は無料(2018年5月20日現在)なのに。
入館したのは日曜日でしたが見学者はBB一人でした(^^;

駅近くの像に見向きもしない、そして記念館には誰も来ない。
それなのに、尾道ラーメンのお店やスイーツのお店などには観光客がうじゃうじゃ。
ん~、もう少しこういう場所にも興味を持って欲しいなと思いました。
POI
POI
スポンサーサイト
BB
Posted byBB

Comments 8

nohohon  

尾道、ゆったりと歩いてみたくなりました。
もう、「林芙美子」さんの小説は古典になってしまったんでしょうか
ちょっと寂しい感じがしますね。

2018/06/07 (Thu) 07:47 | EDIT | REPLY |   
いとこいさん  

こんにちは
数年前に行った時は古い喫茶店のようでしたが
お休みか営業していなくて 入れませんでした。
すっかりきれいになっていてびっくりしました。
次回はゆっくり見せていただきたいと思います。
商店街の中の 有名な練り物やさん おいしかったです。

2018/06/07 (Thu) 11:26 | EDIT | REPLY |   
ももこ  

銅像ですが品がありますね。
以前訪れた桜島の林芙美子像は、
たくさんの灰の中で凜と佇んでいらっしゃいました。
記念館訪れてみたいです。
ご紹介ありがとうございます!

2018/06/07 (Thu) 12:18 | EDIT | REPLY |   
きたあかり  

林芙美子「放浪記」、若い頃に読んで、強い衝撃を受けました。その泥臭い力強さ。生きる執念。そして明るい。
記念館に人がいないってのは驚きです。アタシなら絶対行くのに~(@_@)
「放浪記」は舞台が有名ですよね。それでも入場者がいないのか~ふにゃ~

2018/06/07 (Thu) 19:09 | EDIT | REPLY |   
BB  
nohohonさんへ

こんばんは。
古典なんですかねぇ。それにしても尾道にせっかく来たのに皆さん立ち寄らないのは残念です。
尾道には志賀直哉が「暗夜行路」の草案を練ったという長屋も残っているのですが、こちらも少なかったです。

2018/06/07 (Thu) 20:10 | EDIT | REPLY |   
BB  
いとこいさんさんへ

こんばんは。
そうです以前は喫茶店でした。
改装してきれいになっているのでぜひ次回尾道訪問の時は立ち寄ってください。

練り物屋・・・桂馬蒲鉾ですね。
天然昆布と天塩で魚本来の味を活かした蒲鉾です。
創業100年を超えているから老舗ですね。

2018/06/07 (Thu) 20:14 | EDIT | REPLY |   
BB  
ももこさんへ

こんばんは。
鹿児島は林芙美子の本籍地だそうですね。
生まれは山口県(北九州という説もありますが)。
本当に生涯放浪していたんでしょうね。
尾道の像はその放浪をよくあらわしていると思います。
ぜひ尾道を訪問してください。

2018/06/07 (Thu) 20:19 | EDIT | REPLY |   
BB  
きたあかりさんへ

こんばんは。
若い人は興味がないんでしょうね。
仕方ないです。記念館に行くよりも尾道ラーメンや尾道お好み焼き食べたほうがいいから(笑)

2018/06/07 (Thu) 20:21 | EDIT | REPLY |   

Leave a reply