FC2ブログ
にほんブログ村 旅行ブログ 国内一人旅へ
にほんブログ村

Article page

by
  • Comment:0
  • Trackback:0

西都原古墳群の中に近代的な建物があります。
それが宮崎県立西都原考古博物館です。

博物館 (3) (640x427)

なんと入館は無料です。
展示室は地階にあり、下り坂のスロープを降りていく、まるで古墳の中に入っていくようなイメージになっています。

博物館 (4) (640x427)

照明とかすごく凝っていて、幻想的で古代へ導いているような錯覚になります。
そしてこのスロープの左側の手すりに注目。

博物館 (1) (640x427)

手すりは全長25mあり、1cmを10年として表現し、2万5千年の歴史を写真や絵をはめ込んでその当時、何が起こったかを伝える演出になっています。
この25mをゆっくり見ていると内部の見学時間がなくなってしまいそう(^^;

スロープを抜けると展示室。
考古学の思想に基づいた、縄文、弥生、そして古墳時代を謎解きをするような演出で展示物が展開されています。

博物館 (2) (640x427)

博物館 (5) (640x427)

博物館 (6) (640x427)

「縄文のムラは広場を中止として円形あるいは輪を描くように形成された」
「黒潮に乗って人も文化もやってきた」
なんかNHKスペシャル番組でナレーションに流れるような文言がならんでいます。

「異貌(いぼう)である。 人間にとって最も不可思議な存在は人間そのものであったに違いない」

古代のストーリーを物語る言葉が並ぶパネルが展示物と一緒に掲げられています。

どっぷりと西都原考古博物館で考古学の世界に浸ってみては。
内容が濃いのに無料で入館、おススメの施設です。
POI
スポンサーサイト



BB
Posted byBB

Comments 0

Leave a reply