FC2ブログ
にほんブログ村 旅行ブログ 国内一人旅へ
にほんブログ村

Article page

by
  • Comment:4
  • Trackback:0

円墳や前方後円墳、その形がはっきりわかる墳墓が点在する西都原古墳の中で樹木に覆われてその全容がわからない場所があります。

ににぎのみことのはか (3) (640x427)

ここはなんだと思いますか?
周囲を柵で囲われ自由に出入りできないようになっています。

ににぎのみことのはか (2) (640x427)

なんと天皇家の始祖「天照大神」の孫にあたる 瓊瓊杵尊(ににぎのみこと)の墓がある場所なんだそうです。
だから宮内庁管轄でここは立ち入り禁止。

ににぎのみことのはか (1) (640x427)

この境界の中には「男狭穂塚(おさほづか)」と「 女狭穂塚(めさほづか)」があり、男狭穂塚は瓊瓊杵尊、女狭穂塚はその后「木花開耶姫(このはなさくやひめ)」の墓と伝えられているのです。

数年前に宮内庁の許可をえてレーダー探知調査をしたら、日本最大級の帆立貝型古墳と九州最大の前方後円墳が現れたそうです。

ninigi.jpg
画像はお借りしました

帆立貝型の古墳が男狭穂塚です。

すごいと思いませんか?
ここだけがうっそうとした樹木に覆われ他の古墳とはまったく違う世界です。
もしかしたら本当に瓊瓊杵尊が眠っているのかも。

ところで瓊瓊杵尊って知ってますよね。
天上界から三種神器を携えて地上を治めるために高千穂に舞い降りてきた天照大神の孫です。
そうです「天孫降臨」です。
鹿児島の高千穂の峰にはこの瓊瓊杵尊が刺したという逆鉾(さかほこ)があります。なんとこれを坂本龍馬は引き抜いたのだとか。新燃岳や硫黄山の噴火で近づけないかもしれませんが、霧島の高千穂河原から望遠鏡でその逆鉾を見ることもできます。

古代というか神話の世界に引きずり込まれますね(^^)
さすがは神話のふるさと宮崎です。

瓊瓊杵尊の后「木花開耶姫」について神話が残っています。それはまた明日。
POI
スポンサーサイト



BB
Posted byBB

Comments 4

GUIHUA  

宮崎って本当に神秘的なところですよね~。
シェラトンのある界隈の森も鬱蒼としてすごいなあと思いましたし、古事記や日本書紀に出てくるような神話がそのまんまなんですよね~。
高千穂も素晴らしいですし、日本最大のパワスポ県ではないかと思います。
西都原も一度行ってみたいと以前から思っていた地域なんです。
宮崎から帰って来られたら一層、開運モードに突入しそうですね~。

2018/04/24 (Tue) 22:49 | EDIT | REPLY |   
BB  
GUIHUAさんへ

開運モード突入で宝くじが大きく当たればいいのですが(笑)
本当に宮崎は「神話のふるさと」というだけのことはあります。
ぜひ西都原を訪問してください。夏はひまわりが咲き乱れて素敵ですよ。

2018/04/25 (Wed) 07:55 | EDIT | REPLY |   
wra  
こんにちは

九州にはとにかくでかい古墳が沢山ありますよね。とくに宮崎と福岡は凄まじい規模で、古代人にとって九州は重要な地域だったんだろうなと思わされます。

最近だと、赤村にこれまたデカイ前方後円墳があると話題になっていますし・・・

2018/04/25 (Wed) 13:54 | EDIT | REPLY |   
BB  
wraさんへ

こんばんは。
コメントありがとうございます。

たぶん九州が日本の起源ではないかとお思ったりします。
赤村のは「自然の地形」だと専門家は言っているそうですが、いやいやもしかしたら卑弥呼の墓かもしれないですね。
こうやって想像が膨らむのが古代ロマンのいいところです。

2018/04/25 (Wed) 20:12 | EDIT | REPLY |   

Leave a reply