FC2ブログ
にほんブログ村 旅行ブログ 国内一人旅へ
にほんブログ村

Article page

by
  • Comment:2
  • Trackback:0

堀川運河にかかる石橋「堀川橋」のたもとに神社が見えました。

油津神社 (11) (640x427)

通称「乙姫神社」とよばれる「吾平津(あびらつ)神社」です。

油津神社 (12) (640x427)

吾平津(あびらつ)?
遠い昔、油津は、「吾平津」と呼んでいて、のちに「あびらつ」が「あぶら」となまったという説があるそうです。
日本書紀に「日向の吾平山上陵(あひらのやまのうえのみささぎ)に葬りまつる」という記述があるそうで、吾平山上陵というのは油津山上のことではないかとも。
油津に近い飫肥藩が油津山上に砲台を築こうとしたところ、大石で囲った2ヵ所の廓室から鏡や玉、太刀などが発掘されたと記録されているそうです。
もしかしたら油津は神話のふるさと宮崎の中心だったのでしょうか?

二の鳥居と三の鳥居の間に立派な御神木がありました。

油津神社 (4) (640x427)

「おがたまの木」です。
天照大神が天岩戸に隠れた時に天鈿女命(あめのうずめのみこと)がこの木の枝を手にして面白い踊りをしたことで有名な木です。

それにしても大きなおがたまの木です。高千穂の岩戸神社で見たものより数倍の大きさです。
こんな大きな御神木があるからには由緒ある神社なんだろうと調べたら、なんと和銅2年(709年)の創建だそうです。

そんな由緒ある神社の本殿へ。

油津神社 (5) (640x427)

立派。
でもなんか違和感。

油津神社 (7) (640x427)

なんと本殿はコンクリート造り。
由緒ある神社なので木造とばかり思っていましたが、台風被害から守るためにコンクリートにしているそうです。

このコンクリートで守られているご祭神は吾平津昆売命(あひらつめのみこと)で宮崎神宮のご祭神 神武天皇の妃です。
神武天皇といえば宮崎県の美々津(みみつ)から大和の国に東征した初代天皇です。
東征の時、吾平津昆売命は同行せずこの地で成功をお祈りしたのだとか。

もしかしたら日本最初の単身赴任だったのかも(^^;
POI
スポンサーサイト



BB
Posted byBB

Comments 2

きたあかり  

神武天皇さん、単身赴任お疲れ様でした。
残してきた妻が心配で、コンクリートで守ってしまったのでしょうか。あれ?違う?

御神木、立派ですね。枝で面白い踊りができそうな感じです。(^^♪

2018/04/13 (Fri) 10:18 | EDIT | REPLY |   
BB  
きたあかりさんへ

こんばんは。

神武天皇、単身赴任大変だったでしょうね(笑)

招霊(おがたま)の木の枝をもってあめのうずめのみことは胸を出し、下半身をさらけ出して神々を笑わせ、その笑い声を聞いて天照大神は岩戸から顔を出したんですよね。
もし単身赴任の神武天皇のまえにあめのうずめのみことが現れたら、さああ大変だったでしょうね(笑)

2018/04/13 (Fri) 20:01 | EDIT | REPLY |   

Leave a reply