雲仙観光ホテルの夕食はフレンチのコース料理

雲仙観光ホテルの夕食。
和食と洋食が選べましたがやはりクラシックホテルということで洋食を。
フレンチです。

食事をいただいたのはレストランで、ダンスパーティーとかが開かれていたというとても広い空間でした。

IMG_2961 (640x478)

宿泊客が少なかったのか、食事時間が早かったのか、最初は僕一人がこの広い空間でディナーをスタート。
スタッフが何人もいてちょっと気まずい食事の開始でした(^^;

最初の料理は「一口のお愉しみ」

IMG_2965 (478x640)
一口のお愉しみ

中には滑らかで上品な味のチーズが入っていました。

次に出されたのが前菜。

IMG_2966 (478x640)
鮮魚のマリネと季節のフルーツ
フヌイユ香るレモンオイル添え

この時
「お飲み物はいかがいたしましょう」
ときたので、じゃあ最初は魚料理だから白ワインをと気取ってみた。
「ワインリストをお持ちします」
といって持ってきてもらったのだけど、値段を見て心の中で「高い!」
グラス一杯なのに、いつも家で飲んでいるボトルワインよりも高いんです・・・(^^;
で一番安いのにすればいいのだけど見栄を張って中くらいの値段の「安心院ワイン」をオーダー、辛口で飲みやすいワインでした。

次に出されたのが冷たいスープ

IMG_2967 (478x640)
島原産ポテトの冷たいスープにコンソメジュレ
パリの夕暮れ

名前がお洒落ですね「パリの夕暮れ」だって。
ジャガイモとコンソメが共演した、それぞれが主張することのない美味しいスープでした。

つぎが魚料理。

IMG_2972 (478x640)
橘湾で水揚げされた旬魚とムール貝の
ア・ラ・ナージョ

「ア・ラ・ナージョ」とはなんだ?って思いながら美味しくいただきました。
ムール貝ってもっと大きいけど、料理に出されたものは小さかった。でも味は濃厚でとても美味しかったです。

そして、フレンチフルコースお決まりのお口直しっていうやつ。

IMG_2973 (478x640)
西瓜のグラニテ

これを食べてると、
「次はお肉料理ですがお飲み物は?」
なんて訪ねられたら
「じゃあ赤ワインを」ってなってしまうよね。

またまた値段を見て目玉が飛び出そう(笑)まではいかないけど、おススメワインをオーダー。
このときちょっと多めにグラスに注いでくれて・・・ラッキー(^^;

IMG_2974 (478x640)

そしてサーブされたのが、「葡萄商人風」と名づけられたフィレ肉。

IMG_2975 (478x640)
国産牛フィレ肉の炭火焼き
葡萄商人風

「国産牛」でした。
雲仙なので、長崎のブランド牛「雲仙牛」を出して欲しかったなぁ・・・もしかしたらそうなのかもしれないけど。

フィレ肉を食べながら、思い出したのがフランス リヨンのレストランで、フランス語のメニューしかなく困っていたらメニューの中に「filet 」の文字を見つけ、それをオーダーしたことを。
フランスの地方に行く時はフランス料理の説明があるガイドブックは必須だなぁと思った瞬間でした。
が、思っているだけで実行しないから、今度はグルノーブルでも同じ経験をしたんです。その時ももちろん「filet 」を注文しました(笑)

パン、おかわりしちゃいました。

IMG_2976 (478x640)

焼き立てでとても美味しいパンでした。

食事が終わる頃、スタッフが周辺の椅子を動かしだしました。
え?何?今から何が始まるの?
って思っていたら、ゴロゴロと音をたてながらやってきたのが、なんとデザートを乗せたワゴン。

IMG_2979 (640x478)
デザートコレクション

右上のゴルゴンゾーラベイクドチーズケーキが一押しなんだそうですが、チーズケーキはあまり好きではないのでベルギーチョコレートを使用したガトー ショコラをお願いしました。
すると
「他には」
って・・・・。
全種類いただけるそうです。さすがに全部は無理なので他に2つお願いしました。
デザートが出たのに、最後にマカロンが。

IMG_2983 (478x640)
マカロン

コーヒーをおかわりしていただきました。

ホテルでフレンチ、オッサン一人で(^^;
女性一人ならまだ画になったんだろうなぁと思いながら楽しい食事でした。

実は家を出る時に家内から「食事の時の着替えは用意した?」と聞かれ、「え?」
ホテルでフレンチなのに浴衣はないでしょう、と。

自分としては雲仙温泉です、観光地です、浴衣がけでもいいんじゃ、なんて考えていたのだけど家内の言うことを聞いてちゃんとした(でもスーツじゃなくて、カジュアル)服を用意していきました。

忠告を聞いてよかった。レストラン内はホテルで用意される着替えでの入室は出来ません(ロビーやショップはOK)でした。

持つべきものは・・・ですね(^^;
POI
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

一人でゆっくりと、いろんなことを思いながらの食事、素敵だと思います。見習いたいけれど、女性は、おいしい食事と同じくらい、同姓とのおしゃべりが好きなのでした・・・。
美味しそうな写真を見ていたら、おしゃべりしたくなってしまいました。(^^♪

きたあかりさんへ

この食事を女性が二人で食べていても違和感はないけど、男性二人だと・・・(^^;
いや、でもマイノリティっていうのもあるし、ですね。
渋くオヤジ一人でいろいろ思いながらおいしくいただきました。

素敵なレストランでお友達と楽しい会話を楽しんでください(^^)

ワタシのブログがお役に立ったのなら、すごく嬉しいです♪
BBさん!お一人だったんですね~。
優雅におしゃれなクラシックホテルでお一人フレンチなんてステキですよ~。
スイカのグラニテとは、夏に行かれたんですよね?
冷たいスープもだし、夏の雲仙ですよね??避暑の雲仙なんて外国人のようです~。
最後のワゴンデザート嬉しくありません??もう、ワタシはいつもきゃー!なんです!!
ゴルゴンゾーラのチーズケーキ、残念でしたが、苦手なら仕方ないですね。ですが、ワインとこれが合うのですよ~。大人のケーキです♪
ワタシはワゴンのときははじっこからはじっこまで全部~♪ください!のタイプです。

GUIHUAさんへ

雲仙というとどうも「温泉旅館」がイメージで、ホテルといっても温泉旅館風なのかなと始めは思っていたのですが、GUIHUAさんのブログでかなりおしゃれなホテルなんだと思いました。
ここに宿泊したのは8月の終わりです。
この時、雲仙の気温は20度以下で涼しく、まさに避暑。
また訪れたいです。

カウンター
カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
最新記事
カテゴリ
最新トラックバック
月別アーカイブ
フリーエリア
プロフィール

BB

Author:BB
温泉、食べ歩き、神社めぐり等、旅行が好きな(それも一人旅)オヤジです。
福岡県生まれで大分弁を操り、今は熊本に住んでいます。
家族3人暮らし中

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
FC2ランキング