FC2ブログ
にほんブログ村 旅行ブログ 国内一人旅へ
にほんブログ村

Big Bobbyの日記

Archive page< - 2014年08月

Archive2014年08月 1/3

今日は「ベルばらの日」

1974年のこの日、宝塚歌劇月組で池田理代子原作の「ベルサイユのばら」が初演されたことにより、「ベルばら」の日になったそうです。1976年の上演打ち切りまでに延べ140万人の観客動員を記録したそうで、大変な人気だったんですね。漫画も見たことがないし、宝塚にも行ったことはないですが、この物語が1789年のフランス革命を背景にしたものだということは知っています。フランス王妃マリー・アントワネットの物語ですよね。その...

  • Comment 0
  • Trackback 0

手野の杉 国造神社境内

昨日記事にした「国造神社」の境内にある(あった)、「手野のスギ(てののスギ)」です。この手野のスギは、国造神社の祭神である速瓶玉命(はやみかたまのみこと)の手植えの木と伝えられていて、樹齢は1000年以上とも2000年ともされ、1924年に国の天然記念物に指定されました。しかし、1991年の台風19号(りんご台風)で主幹が折れてその後枯死してしまいました。このスギは記録によれば、高さ約47メートル、根元の周囲約14.40...

  • Comment 2
  • Trackback 0

阿蘇 国造神社

阿蘇神社の数km北側に位置する「国造(こくぞう)神社」です。熊本県内ではとても古い神社で、速瓶玉命(はやみかたまのみこと)を主祭神としています。この神様の父親である阿蘇神社の主祭神、健磐龍命(たけいわたつのみこと)と共に阿蘇の地を開拓し、農耕や植林を指導したと伝えられています。鯰社もあります熊本と鯰について色々な神話があり、そして鯰を祀った神社が20くらいあるそうです。なぜ鯰を祀っているかというと、阿蘇...

  • Comment 0
  • Trackback 0

大刀洗平和祈念館

先週末、福岡県筑前町立 大刀洗平和記念館に行ってきました。大刀洗は、1919年に旧日本陸軍がここに飛行場を作る前は、数件の民家があるだけだったそうですが、飛行場が出来た後に町は発展し百貨店などができ、多くの人々の往来があり、今は寂れている甘木鉄道の「太刀洗駅」も、当時は毎日1~2万人の利用客があったそうです。そして当時、完成した大刀洗飛行場は東洋一とうたわれていたそうです。先の大戦末期には、多くの特攻隊...

  • Comment 1
  • Trackback 0

オクラとハマキムシ

オクラがハマキムシにやられています。葉っぱを開くと、緑色の虫と黒い糞が・・・割り箸で開いて退治するけど追いつきません。ハマキムシにやられちゃったハマキムシにやられると、オクラの実も健康ではありません。真っ直ぐに伸びてくれなくて、こんな風に曲がってしまいます。オクラが曲がってます割り箸で虫を退治していたけど、きりがないので思い切って虫にやられた葉っぱを切り落としました。新しい葉は出てきているけど、ど...

  • Comment 0
  • Trackback 0

朝顔

朝顔って、本当に朝に花が開くんですね。って今さらですが(^^ゞ夕方、つぼみがあったので写真に撮りました。そして、朝起きてみると見事に花が咲いていました。綺麗な花が咲いてくれました。朝顔は古代から日本にあったわけではなく、遣唐使が種を日本へ持ち帰ってきたから普及したんですね。なんか、日本固有の植物と思っていました。朝顔の種子は下剤や利尿などの薬になるとか。最初に遣唐使が持ち帰ってきたのは、花を観賞する...

  • Comment 2
  • Trackback 0

原尻の滝

大分県豊後大野市にある、「東洋のナイアガラ」と呼ばれる「原尻の滝」です。吊り橋の中央から撮影最近、雨が多いから水量も多い原尻の滝の側に大きな石が立っています。巨石巨石群とまでは言わないですが、この特定場所に石が立っています。こういうのを見ると、「古代人が何かの目的で作ったのか?」なんて考えてしまいますが、これ、阿蘇の噴火の時の火砕流が固まったものだそうです。火砕流といえば、多くの犠牲者が出た雲仙普...

  • Comment 3
  • Trackback 0

ふるさとのデパート トキハ

大分市にある、「ふるさとのデパート・世界の商品」のキャッチコピーを持つ百貨店「トキハ」です。トキハ大分本店大分(別府)に長く住んでいたこともあり懐かしくて先週行ってきました。買い物が目的ではなく、「とり天定食」をトキハ7階にあるのファミリーレストランで食べたくて(^^ゞファミリーレストラン ショーケースとり天定食 880円胸肉を使った「とり天」でした。別府のどこかの「とり天発祥」とか言ってる店のものより美...

  • Comment 0
  • Trackback 0

神秘の和牛 高千穂牛

神話の里、パワースポットの里、高千穂で、神秘の和牛「高千穂牛」をいただいて更なるパワーを注入しましょう。「高千穂牛」は、5年に一度開催される和牛のオリンピック、全国和牛能力共進会の第9回大会で内閣総理大臣賞を獲得し日本一の称号を得ました。その高千穂牛が高千穂の「がまだせ市場」で食べられます。(がまだせ)って頑張るの意味です。高千穂神社の近くにあり、「日本一見つけにくい レストラン&直売所」のキャッチ...

  • Comment 0
  • Trackback 0

ナスの花が咲いた

ナスの葉が穴だらけです。テントウムシダマシやカメムシにやられちゃったのだと思います。また、肥料を与えすぎたせいか、アブラムシにやられてしまったのかもしれません。無農薬栽培は難しいです。駄目になった葉をバッサリと切り落として、ほとんど丸坊主にして様子を見ていました。すると、花が咲きましたただ、この花、雌しべは雄しべよりも長いから栄養は十分だと思いますが、雄しべが若干広がり気味なのが気になります。ちゃ...

  • Comment 2
  • Trackback 0