Big Bobbyの日記

Category page - 大分

Category大分 1/14

なぞが多い大分県竹田市の隠れキリシタン

大分県竹田市、沢山の名水が湧き出る場所があり、滝廉太郎や「荒城の月」の荒城のモデルになった「岡城址」などが有名ですが実は国内屈指のキリシタン遺物や遺構が残されています。そのひとつが「キリシタン洞窟礼拝堂」です。 「隠れキリシタン」「潜伏キリシタン」といえば、長崎県や熊本県天草をすぐに想像しますが、大分県竹田にも沢山の信者がいたようで、戦国時代キリシタン大名「大友宗麟」仕え、ここ竹田を治めていた志賀...

  • Comment 2
  • Trackback 0

キリシタン大名「大友宗麟」が築いた臼杵城下町

昨日記事にした「臼杵石仏」がある大分県臼杵市は戦国時代キリシタン大名の「大友宗麟」が開いた城下町です。でも市内にはそれを感じさせる施設は残っていません。そんななか、「久家の大蔵」という蔵にはポルトガルと臼杵の交流を表したアズレージョの壁画が装飾されています。久家の大蔵タイルはアズレージョの本場ポルトガルで作成されたものです。蔵は江戸時代末期に棟上げされた蔵で、造り酒屋の『久家本店』が 貯蔵庫として...

  • Comment 0
  • Trackback 0

国宝 臼杵石仏

昨日の記事で「大分に乾杯」したので、今日はその大分県の記事。臼杵市にある国宝「臼杵石仏」の紹介です。総数60数体、すごい数の石仏が山の中腹に鎮座しています。そのなかで臼杵石仏を代表するのが大日如来。中央の一番大きな石仏が大日如来平安時代後期から鎌倉時代にかけて彫刻されたといわれる国を代表する石仏群で、1995年、磨崖仏では全国初の国宝に指定されました。その国宝に指定される条件がありました。それはこの大日...

  • Comment 2
  • Trackback 0

別府観光の父「油屋熊八」って知っていますか?

JR別府駅を降りると、「ピカピカのおじさん」像があります。この「ピカピカのおじさん」は別府観光の礎を築いた実業家、「油屋熊八」です。なぜ「ピカピカのおじさん」かというと、この銅像の裏に理由が書かれています。『この人のまわりには、別府観光のためならなんでもしようというオモシロイ人たちが集まった。みんな子どもたちが大好きで、「オトギ倶楽部」を結成し、寓話や歌や演奏を聞かせた。クリスマスにはサンタクロース...

  • Comment 6
  • Trackback 0

恋愛のパワースポット?姫島灯台

大分県の姫島のパワースポット。姫島灯台がパワースポットではありません。敷地内にあるものがパワースポット。灯台からは瀬戸内海が一望できます。瀬戸内海がパワースポット?ではありません。それは、ハート!台風によって倒木した樹齢100年のオオシマザクラの切り株がパワースポットなんです。倒木したまま放置していたら危険なので木を切ったところ、なんとハート型が現れたのです。 それでもこのハート、長い間誰も見向き...

  • Comment 0
  • Trackback 0