にほんブログ村 旅行ブログ 国内一人旅へ
にほんブログ村
by
  • Comment:0
  • Trackback:0

簡単更新 尾道の猫

今日は超簡単記事です。
尾道で見かけた猫。

おのみちねこ3

おのみちねこ2

おのみちねこ1

まだまだ沢山見かけたのですが。
スマホで撮影したのが少なくてこれだけ。

尾道はやはり猫の町でした。
POI
スポンサーサイト
by
  • Comment:0
  • Trackback:0

出雲大社のコンクリート製の大鳥居「宇迦橋の大鳥居」

出雲大社の参拝に車を利用していかれる方のほとんどがこの真っ白な大鳥居の下をくぐるのではないでしょうか。

鳥居だよ

記念撮影は神社参道入り口の大きな木製の大鳥居で行う人が大半で、ここで記念撮影をしている観光客はあまり見たことがありません。
ということで、この白い鳥居の紹介です。

まず名前は「「宇迦橋(うがじばし)の大鳥居」です。
1915年(大正4年)建てられた鉄筋コンクリート製の鳥居で、高さ23m、柱の周囲は6mもあり、額はなんとタタミ6畳分。建てられた当時は日本一の鳥居でした。現在は熊野大社の大鳥居が日本一なんだとか。

この鳥居を寄進したのは島根県出身で北九州の小倉で建築業で成功した小林徳一郎という人です。なんと明治、大正、昭和初期にかけて小倉市内(北九州市小倉区)の学校建築工事は殆ど彼の手によるものなんだとか。
建築業だったから鉄筋コンクリート造りもお手の物だったんでしょうね。
この鳥居と同時に彼はこ大鳥居から出雲大社に向かう神門通りの両側に植わっている280本の松も寄進しました。
神門通りは電柱はなく、松が両側にあってきれいですよね。

ところで、この大鳥居がコンクリート製、次にある皆さんが記念撮影する鳥居が木製、次に見える松並木の参道に建つ鳥居が鉄製、そして拝殿の前にあるのが銅製。
それぞれ違った素材でできているのです。

もし出雲大社に参拝する機会があればなるほど~と思いながら参拝してはいかがでしょうか(^^♪
POI
by
  • Comment:4
  • Trackback:0

日本海に沈む夕日は・・ナシよ(>_<)

昨日は午前5時に自宅を出発し、九州自動車道、中国自動車道、松江自動車道を経由して出雲大社に10時30分に到着しました。
到着した時は明るい曇り空。
だったのですが、夕方から運転していて前が見えないくらいの土砂降り。
歩き回るときにこの雨でなくてよかった。やはり日頃の行いがいいのか?(笑)

早朝出発だったので、早めに宿にチェックイン。

部屋

オヤジ一人旅にはもったいない部屋です。
そして部屋からは日本海が一望。

テラス

テラスに出ることができます。
海岸に打ち寄せる日本海の波は力強くいい音がしています。

海

天気が良ければ、日本海に吸い込まれていく真っ赤な夕日が見えるのですけどね。

やはり日頃の行いがよくないらしい(笑)
POI