FC2ブログ
にほんブログ村 旅行ブログ 国内一人旅へ
にほんブログ村
by
  • Comment:0
  • Trackback:0

イマイチなんだけど中国最後は牛肉麺で〆

先週一週間の出張で酸菜牛肉麺は食べたけど普通の牛肉麺を食べてなく、なんか心残り。ということで帰国日の上海空港で食べました。

P_20190517_110437_vHDR_Auto (480x640)

スープと麺はイマイチなんだけど、ゴロゴロした牛肉の塊が沢山入っていて満足です。

P_20190517_110620_vHDR_Auto (480x640)

もう少しスープが濃厚だったらいうことないのだけど、贅沢は言えません。牛肉麺専門店ではなく、国際線ターミナルにあるいろんな料理を出すレストランだから。
肉まんも注文しました。

P_20190517_110710_vHDR_Auto (480x640)

見た目は美味しそうですが、これもイマイチ(^^♪
教訓 : 国際線ターミナルのレストランで中華料理を食べてはいけない!(笑)

次回出張の時は他のレストランに立ち寄ってみようと思います。
POI
スポンサーサイト
by
  • Comment:4
  • Trackback:0

「水煮漁香」って?よく分からないけど辛くて美味しかった

中国武漢のとある場所で夕飯を済ませることに。

P_20190516_182659_vHDR_Auto (640x480)

簡体字で書いていますが「水煮漁香」という店。
四川料理に「水煮魚」はありますが「水煮漁」って?とりあえず注文しました。丼に材料が盛ってあって、おじさんがその材料を調理してくれます。

P_20190516_182702_vHDR_Auto (640x480)

ちなみに四川料理の「水煮魚」は豆瓣醤ベースのスープを作り、野菜を入れて火を通し、火が通ったら、深い器に入れ、次に魚を煮て、器にスープごと入れます。そして大量の唐辛子や花椒粉を入れて最後は熱した油をかけて完成する料理です。

その水煮魚のような感じではない。のですが、炒めている時に辛いのをドンドン追加します。

P_20190516_182648_vHDR_Auto (480x640)

辛そうなものがバットに注がれていて炒めている時に継ぎ足します。客の好みでドンドン追加してくれます。どれがどういう香辛料なのか見た目では全く分からないけど、適当に入れてもらいました(^^♪
出来上がったのがこれ。

P_20190516_183008_vHDR_Auto (480x640)

魚が沢山入っていると思ったけど海老のみ。あとは蓮根とかハムとか。
ただ辛かったのは確かです。

思ったのは、看板にある写真と実物があまりにも違うこと。
水煮魚ってこんな料理なんです。

45488508_130731204586793_8189228376721215440_n.jpg

全く別物ですね。
でもすごく辛かったのは確かで水煮魚に負けていませんでした。ご飯がすごく進みました(^^♪

どうしてこんな風になったのだろう?もしかしたらこの日はおじさんの気分でこうなったのかも。まあこれが中国、食べられたから何でもよかよかです(笑)
POI
by
  • Comment:2
  • Trackback:0

酸菜牛肉麺

中国二日目の夜は一人でホテル近くの食堂街へ。一人鍋も出来そうだったのだけどお客さんが比較的多い店に入りました。
注文したのは「酸菜牛肉麺」

P_20190514_190709_vHDR_Auto (480x640)

牛肉麺といえば醤油ベースの紅焼牛肉麺、またはあっさり塩味の清燉牛肉麺が知られていますが酸菜牛肉麺は初めて食べました。牛肉麺というと肉の塊(スジ肉含む)がゴロゴロ入っているのですが、この牛肉麺は薄い肉でした。表面を覆っているのが酸菜。酸菜は高菜漬けのような感じでしょうか。
台湾で牛肉麺を食べるとトッピング用に酸菜がテーブルに置かれていますが、それとはまた違った食感で、材料は何なのか不明。でも酸っぱくて辛くて美味しかったです。

P_20190514_190805_vHDR_Auto (480x640)

麺、これは仕方ないけど、コシのある麺好きな日本人にとってはフニャフニャです(^^♪

P_20190514_190737_vHDR_Auto (480x640)

フニャフニャ麺でなかったらもっと美味しいと思います。でもこの麺が酸菜によく絡んで美味しくいただけました。
中国で初めて食べるものはちょっと勇気がいりますが、美味しいと感激します。
中国って食の安全を無視すれば美味しいものが沢山あって幸せです(笑)
POI