fc2ブログ
にほんブログ村 旅行ブログ 国内一人旅へ
にほんブログ村
by
  • Comment:2
  • Trackback:0

黒田のごじゅうにまんごく~

娘が大好物を買ってきてくれました。

IMG20240221142425.jpg

福岡の如水庵が販売する最中「黒田五十二萬石」です。
熊本にはお店がないので、なかなか食べられません。
個人的には最中といえばこれなのです。

♪もなかーは す・く・の・か・め♪のCMで有名な(このCMはもう流れてないと思うけど)、さかえ屋の「すくのかめ」も美味しいけど、こちらも熊本では買えません。さかえ屋はシャトレーゼの傘下になったのだから、シャトレーゼで販売してほしいのだけど。

すくのかめよりもやはり黒田五十二萬石です。
70年以上の歴史があり、誕生してすぐに、「にわかせんぺい」や「鶴の子」と共に博多三大銘菓と称されるようになった最中なのです。
丸い大きな最中を「如水公(じょすいこう)」、小さい最中を「光姫様(てるひめさま)」と名前を変えて販売していますが、誕生当時は丸いものだけでした。
「如水」は黒田官兵衛の剃髪後の号で、光姫は官兵衛の奥方です。

如水公をいただきます。

IMG20240221142741.jpg

黒田家の家紋「藤巴」が浮き出ています。
このままかぶりついてもいいけど、切りました。

IMG20240221142902.jpg

餡と一緒に求肥の餅が入っています。
美味しいんですよ!
皮は佐賀のお米で作られていてサクサクだけどしっとり。かじりついてもボロボロとこぼれることがないです。
その皮に包まれた甘さ控えめの小豆餡、それに求肥がうまい具合に調和しています。
やはり、最中といえばなんといっても黒田五十二萬石です。

♪くろだの ごじゅうにまんごく~♪って、CMで流れていたフレーズを口ずさみながら美味しくいただきました。
POI
スポンサーサイト



by
  • Comment:2
  • Trackback:0

手羽元の唐揚げをノンフライヤーで作った

手羽元の唐揚げを作った。

IMG20240130175935 (小)

どうです、美味しそうでしょう。
実際に美味しかったです。
その美味しさの秘密はこちら。

IMG20240130131203 (小)

日本食研の「手羽元フライドチキンの素」です。
日本食研といえば愛媛県にある宮殿工場が有名ですよね。その宮殿工場見学に4月に行こうかなと思っています。

手羽元を水で溶いた特製漬け込み粉にまぶします。

IMG20240130163728 (小)

よくまぶしたら冷蔵庫で10分くらい寝かせます。
そのあと「フライドチキンの素」という粉をまぶして油で揚げるのですが、ノンフライヤーを使いました。
200℃に設定し予熱はやらなかったので20分調理しました。途中「シェイク」という、肉を裏返す動作も行いました。
って書くと「シェイク」は自動?って勘違いしてしまいますが、手で裏返します(^^♪
その「シェイク」をした時の状態がこちら。

IMG20240130175545 (小)

いい色具合に揚がっているではないですか。いや、ノンフライヤーだから焼かれている?
ここから7分ほどで出来上がりました。

表面はカリカリ、中はジューシー、揚げるよりも簡単だしヘルシー。とても美味しく出来上がりました。

美味しさの秘密はやはり日本食研の技かな。
4月に工場見学したときにお土産にいただけないかなぁ、と、せこいことを考えるBBでした(^^♪
POI
by
  • Comment:6
  • Trackback:0

唐揚げと明太子のコラボレーション

ガストcafeに行きました。
ガストはたくさんのメニューがありますが、よく食べるのが「から好し」の唐揚げ定食です。

IMG20240217114115.jpg

ガストで食べられる「から好し」の唐揚げは特製の漬けダレを使って仕上げていて、さらにひとつひとつが大きなサイズなので、しっかりとした食べ応えがあります。
その唐揚げ定食に何か別容器がついています。これは明太子とマヨネーズとネギ。

IMG20240217114119.jpg

実はこの唐揚げ定食、普通のから好しの唐揚げ定食ではなく、やまやの明太子とコラボレーションした定食なのです。

IMG20240217113421.jpg

IMG20240217113438.jpg

”博多っ子も「旨い!」と認めた、名店の味”
だそうです。
明太子といえば、ふくや、福さ屋、博多椒房庵、かねふくやかば田、そしてちょっと高級な稚加栄本舗などが思い浮かびますが、やまやは聞いたことがあるかなという程度です。
博多っ子が「旨い!」って認めているのだからきっと美味しいのでしょう。

明太子を唐揚げにトッピングしていただきます。

IMG20240217114246.jpg

ん?辛いです。ピリッとしたからさとは違って辛いです。
明太子ではなく辛子明太子ですね。
ただ辛さは最初だけで、そのあとは唐揚げのジューシーな味わいが続いて辛さが緩和されます。
唐揚げは外はカリカリで中はしっとりジューシー、噛めば噛むほど、旨みが口の中に広がります。

辛子明太だけでなくマヨネーズも混ぜてトッピングすると辛みが緩和されて美味しくいただけます。

ご飯は大盛りを注文しましたが、美味しい唐揚げであっという間に完食しました。
POI