皇居東御苑をブラブラ

大きな玉ねぎを見た後に九段下から地下鉄に乗って溜池山王まで行こうと思ったけど、せっかくだからと皇居東御苑へ。
北桔橋門(きたはねばしもん)から入場しました。

そして最初に見えたのが、天守台。

IMG_4813 (640x480)

残念ながら天守は1657年に発生した「振袖火事」といわれる“明暦の大火”で全焼してしまって再建されていません。
どんな天守があったんでしょうね。

再建されなかった理由は幕府重臣の保科正之が
『戦国の世の象徴ともいえる天守閣はもはや時代遅れ、物見のためだけにしか用をなさず、むしろそれよりも江戸城に蓄えられた金銀は城下の復興に優先して使うべき』
と提言したからとされているそうです。
こんな政治家が今も居たら・・・と考えさせられました。

浅野殿、殿中でござる~

IMG_4817 (480x640)

忠臣蔵。
赤穂藩主 浅野内匠頭が吉良上野介を切りつけた場所です。
この場所に立派な廊下があったんだぁ。

そこからさらに進むと、石室とか富士見多聞とかが途中にあって櫓がありました。

IMG_4818 (480x640)

富士見櫓です。
天守閣が大火で焼失した後はこの櫓が天守閣に代用されたと伝えられていて、江戸城本丸の遺構として貴重なものといわれています。
将軍はここから品川の海や富士山を見ていたとか。

この櫓から東御苑出入り口の一つ「大手門」は近くです。
大手門の近くには番所がありました。

IMG_4820 (640x480)

同心が常時100人詰めていたところから『百人番所』と呼ばれるようになったといわれる建物で、全長50メートルあるそうです。
曲者が現れたら「であえ~、であえ~」って大騒ぎだったんでしょうね。

大手門入り口近くにも番所が。

IMG_4821 (640x480)

大手門は江戸城の正門だったのでここから大名が入城しました。その城に入ろうとする大名の監視を行なったのが番所の役目だったそうです。

暴れん坊将軍も番所の前を通って城下に出向いていたのかなあ(^^;
POI
[ 2017/03/27 06:37 ] 未分類 | TB(0) | CM(2)

澄んだ空に光る大きなたまねぎ

日枝神社に参拝後、最近国会が騒がしいからというわけでもないけど国会議事堂へぶらぶら。

IMG_4810 (480x640)
裏側
IMG_4846 (480x640)
表側

議事堂を見て思ったのは、日枝神社が戦争で焼失したのに無事だったのはどうして?ということ。
1kmくらいしか、いや、1kmも離れているから戦渦に巻き込まれなかったのかなぁ?

とか考えていたら、アメリカの「空襲を行うべきでない日本の目標」についての研究では皇居や大学施設そして捕虜収容所などがあったということだから、皇居に近かい議事堂は無事だったのか、と勝手に結論を出しました。

ということを考えていたら自然と皇居のお堀のほうへ向かう自分がいる(笑)

IMG_4811 (480x640)
半蔵門

かたく閉ざされた半蔵門を背にする桜はまだつぼみも膨らんでもいませんでしたが、あれから一週間、そろそろ咲き始める頃?

ここまでくるとやはり「玉ねぎ」でしょう。唐突にですが(^^♪
ということでまた延々と歩いて武道館へ。

半蔵門から2km弱、玉ねぎに到着です。
それにしてもスーツ姿でしかも革靴でよく歩きました。

IMG_4812 (480x640)

青い空に木の間から覗く玉ねぎ。
♪澄んだ空に光るたまねぎ~♪
ってついつい歌ってしまいました(^^♪

ここを訪れたのは3月22日で武道館では専修大学の卒業式が行なわれる日でした。
卒業生、家族で人・人・人

♪九段下へ向かう人の波♪を「武道館へ向かう人の波」と替え歌にして歌いながら歩いていたら・・・

歩道に立っていた会場を案内するスタッフに、
「本日はおめでとうございます」
って声をかけられたBBでした(^^♪
POI
[ 2017/03/26 06:45 ] 未分類 | TB(0) | CM(4)

初めての日枝神社

東京出張時に宿泊したのがキャピトル東急で、部屋からなにやら神社が・・・。
なにやらって・・?日枝神社っていうのは知っているのですが真上から見るのは初めてです。名門都立日比谷高校も見えます。

IMG_4791 (640x480)

赤坂にある本社に通勤していたり、出張で何度も訪れている赤坂なのに実は日枝神社に一度も参拝したことがありませんでした。
ということで、ホテルから徒歩2分、行ってみることに。

IMG_4803 (640x480)

この神社は、大山咋神(おほやまくひのかみ)を主祭神とし、相殿に国常立神(くにのとこたちのかみ)、伊弉冉神(いざなみのかみ)、足仲彦尊(たらしなかつひこのみこと)を祀っているそうです。
っていうか知らない神様ばかりだ。

「大山咋神」は山の神様だそうです。

IMG_4804 (640x480)

創建年代はよく分かっていないようですが、600年ほど前の文明10年(1478年)に太田道灌が江戸城築城の際、川越の無量寿寺の鎮守である川越日枝神社を勧請したのに始まりだそうです。
お寺の鎮守??この時代は神仏習合でしたね。

社殿は新しく、東京の空襲で焼失したため新しく建てられたもののようです。
青空を背景に美しい姿ですね。

この社殿の右側に小さな神社がありました。

IMG_4808 (640x480)

ここは後で知ったのですが日枝神社の隠れパワースポットだそうです。
日枝神社の 末社で「山王稲荷神社」と「猿田彦神社」だとか。

仕事運や道ひらきに御利益があるそうです。猿田彦神だからでしょうね。

祀られている神様と御利益を後で知ったのでお参りを適当にしてしまったことを後悔。

実はこの末社を見たとき、女性の方だけがお参りしていて(男性は0)、もしかしたら安産とかそういうのに関係する神様が祀られていると勝手に思い参拝を割愛したのです。

次回、赤坂に出張の時はちゃんとお参りしようと思います。
POI
[ 2017/03/25 06:37 ] 神社 | TB(0) | CM(8)