風月堂ゴーフル

日本全国類似品はあるけど「ゴーフル」といえば神戸風月堂ですよね。

IMG_2554 (640x480)

ゴーフルの誕生は大正15年(1926年)頃、海外旅行から帰国した客がフランスの焼菓子を持参し、
「日本でもつくってみてはどうか」
と提案されたのがそもそもの発端だそうです。

このときのフランス焼き菓子ってどんなものだったんだろう?

試作を重ねようやく発売にこぎつけたのが昭和2(1927)年だったそうですが、手間隙がかかるために一日に焼ける枚数が800枚と少なくそのために値段が一枚8銭だったそうです。
現在の値段ではおおよそ160円位なのでしょうか?
高いですね。

高いこともありなかなか販売を伸ばせなかったのだけど、ようやく売れ出したのが第二次世界大戦が始まったころでした。
でも戦争のためだんだん原料が入らなくなり製造を中止したそうです。

そして戦後、昭和26年(1951年)ころから原料も入手できるようになり生産を開始し今に至っています。

IMG_2555 (640x480)

IMG_2557 (480x640)


アフリカでシュバイツァー博士のもとで働いていた日本人医師が、ゴーフルをお土産としてアフリカに持ち帰ったら、博士は、「とても美味しい。今出来上がったように新鮮です」と喜んだそうです。
その話を聞いた風月堂の店主が何度かゴーフルを博士に贈ったという話が残っています。

ゴーフルはみんなに愛される、みなと神戸を代表する銘菓ですね(^^)
POI
スポンサーサイト
[ 2017/01/10 06:42 ] 食べ物 | TB(0) | CM(6)
美味しいですね。
ゴーフルを初めて食べたのは、お友達の東京のお土産でした。感動しました。今は北海道のデパートでも売っています。BBさんの水炊きが美味しく出来ました。有難うございました。明日(11日)アップします。写真などは上手に撮れなかったので 本気で作りたい方はBBさんのブログを見てくださいと 書きましたので・・宜しくお願い致します。
[ 2017/01/10 07:28 ] [ 編集 ]
こんにちは♪
そうそう♪コレ、美味しいんですよね~

季節限定とかコラボで可愛い缶で小さいのが出てたりするんですよね

最近食べてないんですが、クリームがちょっと重すぎ(こってり)な感じがするのは私だけかな。。。

せんべい(?)部分だけを味わいたい時は、
有馬の炭酸せんべいがお勧めです♪
[ 2017/01/10 16:30 ] [ 編集 ]
tugumi365さんへ
こんばんは。
ゴーフルに限らず有名なお菓子は日本全国で手に入るようになりましたよね。
我が家の近くのショッピングセンターで六花亭の「 マルセイバターサンド」が手に入るくらいですから。

水炊きが美味しくできたのですね。
記事を楽しみにしています。
[ 2017/01/10 20:04 ] [ 編集 ]
豆兄弟の母さんへ
こんばんは。

『有馬の炭酸せんべい』食べてみたいですね。
有馬温泉に行く機会があれば食べてみたいです。
長崎の雲仙温泉の「湯せんぺい」に似ているのかなぁ?
[ 2017/01/10 20:08 ] [ 編集 ]
びっくり。
私も今日`ゴーフル’を食べました。
といっても、上野風月堂のですが。
上野風月堂は、神戸風月堂からのれん分けしたお店だと聞いていますが、味は違うのでしょうか?
一度食べ比べて見たいですね。
[ 2017/01/10 22:09 ] [ 編集 ]
chococake55さんへ
おはよございます。
本家福岡のひよ子が東京ひよ子となんとなく味が違うと感じるように。ゴーフルも上野と神戸では違うように感じるかもしれないですね。
食べ比べてみたいですが、上野風月堂は熊本では手に入らないです。
東京に買いに行くしかないですね(^^;
[ 2017/01/11 06:43 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL