国民宿舎「ボルベリアダグリ」

鹿児島県志布志湾を望む高台「ダグリ岬」に建つ国民宿舎「ボルベリアダグリ」です。
南欧のリゾート施設をイメージした建物で、岬を吹き抜けるやわらかい南風と志布志湾の紺碧の海が建物の魅力を引き立てています。

IMG_0710 (640x427)

国民宿舎ってなんとな~く、宿泊料金は安いけど内容はイマイチって思ってしまいます。
でもここは比較的新しい建物で、古さを感じません。宿泊料金も低めに抑えられています。

ほとんどの部屋がオーシャンビュー。

IMG_0691 (640x427)

最上階に展望室があり、志布志湾や遠く宮崎県の都井岬を望むことも出来ます。

IMG_0697 (640x427)

展望室に朝行けば、すばらしい朝焼けを望むことも出来ます。

IMG_0703 (640x427)

IMG_0704 (640x427)


宿にある志布志温泉「ダグリの湯」は、やわらかい泉質で、PH値8.6以上のぬめり感がある美人の湯といわれています。
そして浴場からは志布志湾を一望でき、壁一面のガラス窓から沈み行く夕日を見ることができ、すばらしい展望の温泉です。

ところで、「ダグリ」「ボルベリア」って何?ですよね。

「ダグリ岬」の一帯は江戸時代関所が置かれていて、この関所で馬の積荷を別の馬に積み替えた「荷駄(にだ)操り」が行われていたということで、それが「ダグリ」という地名になった由来だそうです。

そして「ボルベリア」はスペイン語の、『もう一度訪れたい』『戻ってきたい』という意味だそうです。

南欧を感じる国民宿舎、また訪れたいと思います。
POI
スポンサーサイト
[ 2016/05/29 06:36 ] 未分類 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL