別府とり天「ぐみの木」

久しぶりに大分名物「とり天」登場です。

IMG_1974 (478x640)

このとり天をいただいたのは「ぐみの木」という昭和の香りがする喫茶店で、別府流川通りと国道10号の交差点の近くにあります。別府観光で有名な「竹瓦温泉」も近所です。

IMG_1982 (640x640)

オーソドックスな「とり天定食」は、とり天と味噌汁、そして御飯と漬物なのですが(うどん屋さんではミニうどんがつく場合が多い)、ここの店は小鉢や目玉焼きもついていました(^^)
850円(だったと思う)、1000円以上するとり天定食は高すぎると思っているのでリーズナブルだと思います。

IMG_1979 (478x640)

IMG_1980 (478x640)

写真にもあるように醤油差しがお盆にのっています。これ酢醤油なんです。
とり天は酢醤油で食べるのが王道、で、普通は小皿に入れられてくるのだけど、ここは醤油差しでドドーンと提供されます。
さらに、カラシはSBのチューブが料理と一緒にやってきます(^^♪

IMG_1978 (478x640)

こういうのってなんか好きです。
ご年配の夫婦が切り盛りする別府に残る昭和雰囲気の喫茶店、人情味あふれる下町のとり天でした。
POI
スポンサーサイト
[ 2016/05/20 06:54 ] 食べ物 | TB(0) | CM(8)
さつま揚げと切り昆布の小鉢
美味しそうですね
目玉焼きの焼き加減も~イイ!(^^)
これが家庭の味ですね。
[ 2016/05/20 11:05 ] [ 編集 ]
BBさん、こんにちは)^o^(
とり天美味しそうですね、おまけにリーゾナブル♪

実は来月別府にも泊まる予定です。
主人が鶏大好きなのでもちろん名物とり天も
どこかで頂こうかなぁと。

その他にもお奨めのお店・場所などあれば
参考までに教えてくださ~い(^o^)丿
[ 2016/05/20 13:12 ] [ 編集 ]
みかんさんへ
こんばんは。
こういう定食が最近なくなったような気がします。
家庭的な雰囲気の昭和の喫茶店、最高です(^^)
[ 2016/05/20 20:52 ] [ 編集 ]
lilyさんへ
こんばんは。
お、別府ですか。地震の影響で別府も観光客が減っているのでありがたいです(^^)

とり天、別府でお勧めは「讃岐うどん大鳴門」(近くに鳴門うどんがあるけど間違わないように)です。
ここは車でないと行けないですが、別府駅近くでは、別府駅西口から歩いて3分の、「純手打ちうどん たはら」、鉄輪温泉にある「本家 お川」あたりがお勧めですね。
TVや観光雑誌に載っている「レストラン東陽軒」は定食に1300円も取るし味も内容もイマイチ。お勧めしませんがTVとかに出るので話の種ということであればどうぞ(^^;
[ 2016/05/20 20:59 ] [ 編集 ]
このお店知ってます!!
行ったことはないですけど、横を通るたび気になっておりました。
とり天がメニューにあるお店を見つけると、ここのお店のとり天どうなのかな~って気になるんですよね!
白系のとり天ですね~。
ワタシは『リボン』派です。
鉄輪の『新博多』のとり天も好きです!
[ 2016/05/20 21:20 ] [ 編集 ]
GUIHUAさんへ
おはようございます。
この店を知っているとは「つう」ですね(^^)
「新博多」は行ったことがありません。「本家お川」も美味しいですよね。
リボン、別府市民だったけど一度も行ったことがないんです・・・今度行ってみようかな。
[ 2016/05/21 05:38 ] [ 編集 ]
あ〜美味しそ〜(*^^*)

昔ながらのお店って、何だか落ち着くんですよね〜♪
[ 2016/05/23 04:28 ] [ 編集 ]
picoさんへ
おはようございます。
picospoonもきっと落ち着く店なんでしょうね。
死ぬまでに行ってみたい(^^♪
[ 2016/05/23 06:52 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL