むじゃきの白熊食べたい

鹿児島といえば「天文館」、「天文館」といえば「天文館むじゃき」ですよね(^^)

IMG_0299 (640x427)

天文館という名称は江戸時代の第25代薩摩藩主島津重豪が天体観測や暦の研究施設として、明時館(別名「天文館」)を建設したことに由来するというのは有名な話です。
その鹿児島を代表する商店街「天文館」、それ以上に鹿児島を代表する店が「天文館むじゃき」です、と思っています(^^;

IMG_0296 (640x427)

「むじゃき」を一躍有名にしたのが「白熊」ですよね。今は鹿児島を代表する「かき氷」です。

「むじゃき」のHPによれば、「白熊」は昭和22年、創始者の久保武によって考案され、昭和24年から販売が開始されたそうです。
当時は、白蜜、赤蜜をかけたシンプルなかき氷だったそうですが、イチゴに練乳をかけるとおいしい事にヒントを得て、氷に練乳をかけてみたら甘すぎたので改良を重ね、独特のさっぱりとしたミルクに仕上げたとのこと。
さらに、彩りを加えるために、果物などを氷の中に入れるとともに、外側に、アンゼリカ、チェリー、レーズンをトッピングし、 現在の『白熊』のベースが出来上がり、上から見ると、チェリー、アンゼリカ、干しぶどうの配置が動物の白熊の表情に似ていることから、白熊と呼ばれるようになったそうです。

店の前にあるメニューには沢山の白熊が。

IMG_0298 (640x427)

で、その「白熊」、食べてないです(^^;
むじゃきの店の前を過去何度も通っていますがいまだに食べたことがなかったので、今回は行こうと思ったのですが、店の前に着くとなんとなくお腹がグルグルとなったので・・・割愛(^^;

またの機会にします(^^)
POI
スポンサーサイト
[ 2016/04/09 06:32 ] 未分類 | TB(0) | CM(6)
白熊
先日南九州ツアーに参加した折、『白熊のかるかん』がありました。
天文館はバスで通過しただけでしたが、ガイドさんに云われを説明していただきました。
[ 2016/04/09 08:26 ] [ 編集 ]
驚きました
こんなにたくさんの種類があるのですね!!
[ 2016/04/09 11:57 ] [ 編集 ]
MKさんへ
こんばんは。
「白熊のかるかん」?
見たことがないです、かるかんの中にフルーツが入っているような?
次回鹿児島に行ったときに調査します。
[ 2016/04/09 21:04 ] [ 編集 ]
マルチ君の母さんへ
こんばんは。
種類多いでしょう、これ全部食べてみたいですよね(^^)
[ 2016/04/09 21:05 ] [ 編集 ]
白熊!!
BBさん、おはようございます

白熊の発祥はここでしたか、
ぜひ行ってみたいですねっ。
でも遠すぎるなーーー
[ 2016/04/10 05:26 ] [ 編集 ]
hanagetoraさんへ
おはようございます。
もうすぐGWなので、ぜひ鹿児島まで足を伸ばしてください。
黒豚とんかつのあとに白熊、最高ですよ(^^)
[ 2016/04/10 06:58 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL