「西郷」さんだけではない 鹿児島の銅像たち

鹿児島市内には巨大な西郷隆盛の銅像以外にも、維新の偉人や薩摩藩主の銅像などが沢山あります。

鹿児島中央駅前にあるのが、「若き薩摩の群像」です。

IMG_0246 (640x427)

当時の幕府は日本人の海外渡航を禁じていたので、若者たちは鹿児島の串木野の沖にある甑(こしき)島への出張と称して、英国貿易商グラバーが用意した蒸気船でロンドンに出航しました。
ロンドンに着くと大部分の人がアメリカやフランスに渡り、留学生活を続け、 帰国後、明治政府に貢献しました。
当時の薩摩藩の決断と若き薩摩の青年たちの熱意が、日本の歴史を大きく転換させたのです。
一行の中にはサッポロビールの創始者村橋 久成もいました。

維新ふるさとの道の折り返し点、高見橋のところに大久保利通の像がありました。

IMG_0268 (427x640)

なんかリンカーンに似ているように思うのは私だけ?(^^;
西郷隆盛と一緒に倒幕に奔走し、明治維新を達成した中心人物ですね。

その大久保利通像の反対側に、女性像が立って(座って)います。

IMG_0270 (640x427)

大久保利通の奥さんの像かなと思ったのですが、、「母と子供の群像」となっていました。
説明板によると女性は母親で、「強さと厳しさを秘めながら優しく、子供たちを見守る母の姿」を表現しているのだそうです。
なぜここにこの像があるのか理由が知りたいです。

ここから天文館に向けて歩いていくと歩道に沢山の像がありました。

IMG_0272 (640x427)

鹿児島市電の高見馬場駅近くにあったもので左から樺山資紀と黒田清隆になっています。
ここだけではなく、いろんなシチュエーションで歩道に像がありました。それぞれに説明がついているので、すべて見ていくと結構時間がかかります。だからほとんどスキップしちゃいました(^^;

鹿児島といえばやはり西郷さんですよね。上野の西郷さんのほうが有名かもしれないけど・・・。

IMG_0288 (640x427)

西南戦争で敗北し、自刃した城山を背景に立っているとても大きな像です。。
没後50年祭記念として鹿児島市出身の彫刻家で渋谷の「忠犬ハチ公」を制作した安藤照が8年をかけ製作し昭和12年(1937年)5月23日に完成しました。

身長はおよそ5m26cmです。でかい!

IMG_0291 (427x640)


鹿児島空港近くにも大きな西郷さんの像があるけど、どっちが大きいのだろうか?

鹿児島市内には本当に沢山の像があります。篤姫とか坂本竜馬とか。
天文館にいた観光案内スタッフの方と話をしたとき、「五代様の像は見なくていいですか?」って聞かれました。
「五代様?」、あ、「あさが来た」ね、観たことはないけど。
その五代友厚の像はちょっと離れていたので割愛しましたが、スタッフの方が言うには、最近観光客(特に女性)から何処にあるか聞かれるそうです。

NHKのドラマは観光客誘致に役立っていますね(^^)
POI
スポンサーサイト
[ 2016/04/07 06:45 ] 旅行 | TB(0) | CM(4)
母の像のモデルは誰なんでしょうね?

それにしても銅像が多いんですね。

ネットのニュースで読みましたが 隣国の観光客の中には銅像に登って記念写真を撮る人がいるみたいです(>_<)
西郷さん登り甲斐が有りそう・・・
[ 2016/04/07 15:10 ] [ 編集 ]
みかんさんへ
こんにちは。
「銅像の町 鹿児島」です(^^;

お隣の国の方、怪我をしてみないと分からないみたいですね。
西郷さんからだと怪我どころですまないだろうけど・・・(^^;
[ 2016/04/07 17:19 ] [ 編集 ]
大きさも大きいですが、こちらの西郷さんは立派ですね。
上野の西郷さんは、丈の短い着物で散歩中?ですから。。。^^
[ 2016/04/08 03:27 ] [ 編集 ]
chococake55さんへ
おはようございます。
上野の西郷さん、まだ見たことがないです(^^;
全国的に有名なのは上野の西郷さんですね。
[ 2016/04/08 07:38 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL