五百羅漢 小城市

あなたに似ている顔が見つかるかも。

IMG_0109 (640x427)


佐賀県小城市にある祥光山星巖寺(じょうこうざんせいがんじ)は、1684年に建立された小城藩鍋島家の菩提寺だったそうで、現在は中国風の楼門が残っています。

IMG_0105 (640x427)

この楼門の裏手に本来は寺の本堂があったと思われる空き地があり、その奥に小城藩各代の位牌が安置された報恩堂や霊所には墓石があります。
でも、この寺の必見は、なんといっても五百羅漢(ごひゃくらかん)です。

現在は200体ほどの羅漢像が残っていますが、泣いたり、笑ったり、叫んだり、怒ったり、さまざまな表情で迎えてくれる羅漢は、何か語りかけているように感じます。

IMG_0108 (640x427)

IMG_0114 (640x427)

ここにある羅漢像が誰によっていつ作製されたのかは不明だそうです。

五百羅漢のそばに「平成の五百羅漢」がありました。

IMG_0119 (640x427)

こちらは、古い羅漢と違い竹林の中に点在しています。
作製は一般の方も参加されているようで、ユーモラスで可愛いものも多く、中にはウルトラマン風の羅漢像もあり、ウルトラマンが見たら「似てる!」って叫ぶかも(^^;

お彼岸の連休に訪れましたが、ここを訪れる観光客はなく静かな時間を過ごせ、そして、なんとなく不思議な空間の広がる場所でした。
POI
スポンサーサイト
[ 2016/03/28 06:50 ] 未分類 | TB(0) | CM(3)
こんにちは。

1人でいると異空間へ迷い込んだような感覚になる場所ですね。

1体1体見て回ると、とても時間がかかりそうですが、おもしろそうです。(^v^)
[ 2016/03/28 11:57 ] [ 編集 ]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
[ 2016/03/28 13:46 ] [ 編集 ]
miyazyyさんへ
こんにちは。
きっとmiyazyyさんに似た仏様もいると思います(^^)
静寂の空気に包まれた場所でした。
[ 2016/03/28 17:17 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL