大分銘菓 瑠異沙(るいさ)

大分の銘菓の一つ「瑠異沙(るいさ)」です。

IMG_1750 (478x640)

「瑠異沙」という名前は、大分県佐伯市宇目に江戸時代初期のキリシタン墓石があり、その墓石に「瑠異沙」と洗礼名が刻まれていることから、そこに眠る切支丹少女の面影を偲びつけられました。

このお菓子は銘菓「ざびえる」を販売していた「長久堂」で製造されていたのですが、長久堂の自己破産で「ざびえる」同様に売り場から一時期姿を消しました。
その後、長久堂の元社員が新しい会社を興し「ざびえる」を復活させ、会社の軌道が乗った後、「瑠異沙」を復活させたのです。

IMG_1751 (480x640)

IMG_1752 (480x640)


バター風味の生地にバイオレットリキュールで香り付けされたすみれ色の餡を包んで、キリシタンの少女のようなイメージに仕上がった優しく美味しいお菓子です。

大分出身のユースケ・サンタマリアが、あるTV番組に出演したときの手土産に「瑠異沙」を持参して、ちょっと有名になりました(^^;
POI
スポンサーサイト
[ 2016/03/08 06:39 ] 食べ物 | TB(0) | CM(4)
こんばんは♪
ぱっと見た時に、「お守り」のように見えました。
素敵なパッケージですね。
中身も美味しそう!
バイオレットリキュールとは・・・
通りで美しい色をしています。
どっから見ても、素敵!

[ 2016/03/08 21:07 ] [ 編集 ]
ぷるさんへ
こんばんは♪
ここのお菓子は「ざびえる」もそうですがパッケージが凝っています(^^)
でも味はパッケージに負けていません。
もし大分旅行や、百貨店で大分物産展があったら買ってください。
美味しいですよ(^^)
[ 2016/03/08 21:29 ] [ 編集 ]
瑠異沙大好きです。
大分は南蛮風の銘菓が多いですよね。
名前もザビエル、ルイサ、ドン・フランシスコ、ペトロ岐部など!
宣教師や信者の名前が勢ぞろいです。
お菓子も南蛮風でどれがどれだったっけ??と時々わからなくなることも多いです。
どれもおいしいから、いいのですが・・・。
[ 2016/03/08 21:55 ] [ 編集 ]
GUIHUAさんへ
おはようございます。
瑠異沙美味しいですよね(^^)
長久堂、いや今はざびえる本舗と菊家が競って南蛮菓を販売しています。
大分は南蛮風菓子の宝庫です(^^)
[ 2016/03/09 06:45 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL