ひよ子工場 飯塚市

福岡県飯塚市で生まれた「銘菓ひよ子」、そのひよ子の工場が飯塚市穂波にあります。

IMG_9972 (640x427)

ここは1週間前までに予約すれば工場見学ができます。
日曜日と水曜日は休みで、見学開始時間は9:30と10:30からの1日2回で40分の見学コースです。

訪れた日はフラっと立ち寄ったので工場見学はできませんでしたが、売店で買い物は出来ました。

IMG_1542 (478x640)

ひよ子は皆様に愛されて103年です!

会社では、「納得のいかない商品は売るな」という社長方針により、創業以来、菓子づくりに対するこだわりが脈々と受け継がれていて、特に「ひよ子」については、オートメーション化された今でも、社員には手づくりで作れるよう指導しているそうです。
すばらしい!

IMG_6422 (640x427)

社員みんながひよ子を本当に愛しているんですね。

銘菓ひよ子はけっして東京の銘菓ではありません。
飯塚が生んだ福岡の、そして社員はもちろん福岡県人に愛されている銘菓なのです。
POI
スポンサーサイト
[ 2016/02/07 06:51 ] 未分類 | TB(0) | CM(12)
おはようございます。
ひよ子美味しいですよね。
原産地は、知らなかったです。福岡なのですね(^-^)
勉強になりました。
[ 2016/02/07 08:47 ] [ 編集 ]
えっ・・・
福岡の銘菓だったのですかー
てっきり東京かと思っていました^^;
CMで見た記憶もあるし・・・
[ 2016/02/07 11:17 ] [ 編集 ]
今の今まで東京のお菓子だと思ってました。
なぜ東京土産のようになっちゃったんでしょうね!?
不思議~!!!
[ 2016/02/07 13:17 ] [ 編集 ]
Miyuさんへ
「ひよ子」の故郷は福岡なんです(^^)
東京ひよ子も美味しいのでこれからもよろしくお願いします。
[ 2016/02/07 17:53 ] [ 編集 ]
neco005さんへ
福岡の飯塚で生まれたのがひよ子です。
東京に進出して50年近くなるし、東京で定着しているから東京と思うのですよね。
どちらも美味しいから、よかよか(^^)
[ 2016/02/07 17:55 ] [ 編集 ]
おおもりさんへ
東京オリンピックがあった昭和39年位から東京進出を考えていたようです。
昭和41年に東京に進出して、埼玉に工場を建てました。
東北方面の東京お土産に「ひよ子」の人気が出て、東京の銘菓になったんでしょうね。
[ 2016/02/07 17:58 ] [ 編集 ]
真正面から見たひよ子可愛いです。
横からしか眺めたことがなかったような・・・。

石村萬生堂と村岡屋の工場見学は行きましたが、お菓子天国飯塚でお菓子散策したことはありません。
千鳥屋、ひよ子、四宮の成金饅頭(直方でした)などの炭鉱銘菓を食べ歩いてみたいです。
[ 2016/02/07 22:39 ] [ 編集 ]
GUIHUAさんへ
おはようございます。
筑豊は炭鉱労働者のために甘いものが発達したんでしょうかねぇ(^^)
黒ダイヤも懐かしいし、あと「すくのかめ」も久しく食べてないです。
炭鉱銘菓食べ歩きに賛成です(^^;
[ 2016/02/08 06:38 ] [ 編集 ]
ひよこ 福岡生まれだったんですか~
関東地方でも、親しみのあるお菓子ですよ。

社員さんは手作りできるんですね

自宅で焼き立てが食べれるなんて・・・
社員さんのご家族は幸せ者ですね(^^)
[ 2016/02/08 13:47 ] [ 編集 ]
みかんさんへ
こんにちは。
ひよ子は昭和41年に東京に進出して今は「東京ひよ子」という会社に独立しているから関東では地元の銘菓と言ってもいいかもしれないですね。
でも、生まれは福岡県です、しつこく強調(笑)
[ 2016/02/08 17:54 ] [ 編集 ]
東京土産で有名な『ひよこ』は福岡で生まれたんですね!
BBさんから教えてもらわなければ
知らなかったです(・◇・)ビックリしました。

[ 2016/02/09 13:03 ] [ 編集 ]
大五郎ママさんへ
こんにちは。
やはり「ひよ子」は東京土産だと思っている人が多いですね。
東京ひよ子って独立しているから仕方ないけど、でも福岡に「ひよ子」を東京土産として持っていくと笑い話になってしまいます(^^;
[ 2016/02/09 18:13 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL