人吉には幽霊寺があります

熊本県人吉市に「幽霊寺」と呼ばれる寺があります。
それが「永国寺」です。

IMG_9873 (640x427)


1406年に実底超真(じっていちょうしん)和尚によって開山されたお寺で、その和尚が描いたといわれる「幽霊の掛け軸」が今も残っているのです。

本堂を入って左手にそれは掲げてあります。でも見ることが出来るのはレプリカで、本物は毎年8月に開催される幽霊まつりの時に公開されます。

IMG_9871 (640x427)
本堂


見学料は無料ですが、御賽銭箱があるのでお気持ちを。

幽霊が描かれた掛け軸の云われは、

ある名士の妾さんが、本妻の嫉妬に悩んだ末に球磨川に身を投げて自殺をし幽霊となって出てきて、本妻を苦しめます。
本妻はその怨念から逃れるために、永国寺の実底超真和尚に助けを求めたのです。
和尚は法力を使って幽霊に、因果の道理を説き聞かせると同時に幽霊の姿を描きました。その醜い姿に幽霊は驚き、和尚に引導を渡して欲しいと懇願し、和尚の引導に依り成仏し、それから現れなくなったということです。

本堂裏に幽霊が出たという池もあり、そこも自由に見学することが出来ます。

掛け軸の撮影は可能ですが、レプリカといえど、さすがに撮れません。
だって写真を撮って帰っていろいろと問題が起こり、写真をお寺に送り返してきたという話も沢山あるので(^^ゞ

怖いものが好きな方は訪れてみてください。
POI
スポンサーサイト
[ 2016/02/01 06:43 ] 未分類 | TB(0) | CM(2)
レプリカでもいわくつきなのに・・・
いったいどんなものが写りこんでいたんでしょう・・・(~_~)

幽霊の掛け軸を昔TVで見たことがありますが、この掛け軸だったのかな?
TVのはつぶっていた眼が開くっていわくつきでした・・

[ 2016/02/02 15:37 ] [ 編集 ]
みかんさんへ
うらめしや~ではなくて、こんばんは。
ここの幽霊は目が開いているので、違う掛軸だと思います。
それにしてもレプリカとはいえ、おどろおどろしい幽霊です。
化けて出られないように気を付けます(^^ゞ
[ 2016/02/02 21:04 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL