大分銘菓ざびえる

大分銘菓 「南蛮菓 ざびえる」知っていますか?

IMG_1420 (640x640)

箱がなんとも高級感があるんです。黒を基調に赤の線が入ったビロード風の触感の箱は昔から変わっていません。
50年以上にわたって愛されている大分を代表する銘菓ですが、じつは一度、灯が消えたことがあります。

「ざびえる」は最初、別府市で創業した長久堂が1962年から製造・販売していたのですが、2000年に自己破産してしまい、ザビエルの販売が途絶えたのです。しかし、お土産や、地元住民のお茶請けとして非常に人気があったため復活の要望が強く、それを受け長久堂の元従業員が「ざびえる本舗」という新会社を立ち上げて、2001年に製造・販売が再開され今に続いています。

IMG_1421 (640x640)
上三つがラムレーズン、下三つが白餡

黒地に金と銀がある個別包装で、金のものはラムレーズン、銀のものは白餡となっていてバター風味豊かな皮がそれらを包み込み、南蛮菓の名前にふさわしいお菓子に出来上がっています。
「ざびえる本舗」は「長久堂」の製造機械をほぼ受け継いだため味もそのまま、昔ながらの「ざびえる」です。

このお菓子が誕生したのは大分がフランシスコ・ザビエルと関係が深かったからです。1551年豊後の国の府内(今の大分市)を訪れたフランシスコ・ザビエルは、豊後の国を治めていた戦国大名大友宗麟の庇護を受け、キリスト教を広めると共に、小学校や病院を次々に建て、大分に南蛮文化の花を咲かせました。その功績を讃えて、和洋折衷のお菓子、「南蛮菓ざびえる」が誕生したのです。

長久堂には「瑠異沙(るいさ)」というお菓子も販売されていましたがこちらも人気があり、同じく「ざびえる本舗」で販売されています。
大分の南蛮菓を食べながら南蛮文化で反映していた大分に思いを馳せるのもいいですね(^^)
POI
スポンサーサイト
[ 2016/01/26 06:50 ] 食べ物 | TB(0) | CM(8)
おはようございます♪

ザビエル知っていますよ
長久堂さん自己破産したのですか
それは知りんせんでした
従業員の方が引き継いだ私が故郷を離れた後の
出来ごとのようですね
[ 2016/01/26 07:01 ] [ 編集 ]
はやとうりさんへ
おはようございます。

ご実家は大分ですか?
長久堂さんも「ざびえる」の他に代表するお菓子を開発しようとして失敗したのが破産の原因のようです。
ザビエルとルイサに集中していたらよかったのでしょうけど。
でもザビエルが復活してよかったです(^^)
[ 2016/01/26 07:53 ] [ 編集 ]
こんにちは
美味しいお菓子ですよね。
そうだったんですか?!
2000年に自己破産・・・
そして新たに「ざびえる本舗」として、復活したんですね。
初めてお土産でいただいた時は、「えっ?長崎に行ったんですか?」
って聞き返したくらいです。
大分のお菓子だったのですね~
2000年以前にもその後も食べてますが、こんなおいしいお菓子が消えて無くならなくて良かったなぁと思います。
なんだかまた食べたくなりました^^
[ 2016/01/26 10:50 ] [ 編集 ]
これ、デパートの全国銘菓の棚で見つけたことがあります!
また覗いてみますね♪
[ 2016/01/26 11:24 ] [ 編集 ]
花梨さんへ
こんにちは。
「ザビエル」となると、ついつい長崎って思ってしまいますよね(^^)
長崎だけでなく大分にも大きなかかわりがあったのです。
ザビエルのおかげで美味しいお菓子が食べられて幸せです。
また是非、食べてください(^^)
[ 2016/01/26 17:06 ] [ 編集 ]
hippoponさんへ
こんにちは。
デパートで見つけたら買って味見をしてください。
大分を代表する銘菓ですから美味しいですよ(^^)
[ 2016/01/26 17:08 ] [ 編集 ]
こんばんは。
ザビエル大好きです!
おいしいし、箱が豪華なわりに値段が安い!

おみやげに買っていくのにはすごくいいですね。
瑠異沙も好きです。

ドン・フランシスコは『お菓子の菊家』ですよね・・・。
まぎらわしくて、たまに間違えてしまいます。
[ 2016/01/26 21:17 ] [ 編集 ]
GUIHUAさんへ
おはようございます。

大人気のざびえる、たまに食べたくなります(^^)
瑠異沙も美味しいですよね、今度買ってこようと思います。
菊家は、ドンフランシスコもそうですが「南蛮ドラ」も美味しい南蛮菓の宝庫です(^^;
[ 2016/01/27 06:20 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL