少ない観光客

函館観光といえば元町地区にある歴史建物や教会の散策、ちゃちゃ登りとかの坂道ですよね。
そして一番観光客が多かったのはミシュランの旅行ガイドで星一つに選出された赤レンガ倉庫などの「函館港の散策」です。

しかし、その函館港に函館の歴史を語る碑があるのですが、そこには全く観光客がいませんでした。
それが、「北海道第一歩の地碑」。

IMG_9454 (640x427)


まぁ、碑が建っているだけと言われればそうなんですが、この碑の近くにある旧桟橋(東浜桟橋)は明治維新以降、北海道の玄関口として多くの内地人が上陸した場所なのです。

IMG_9453 (640x427)

碑のデザインは、ヒグマと錨をモチーフにしたそうで、開道100年を迎えた 1968(昭和43)年に設置されたそうです。

ここから上陸した開拓者は、ヒグマに遭遇しながらも道なき道を歩き北海道を開拓していったのです。
赤レンガ倉庫群内で買い物をしたり食べたりもいいけど、こういうところに訪れて北海道の歴史を学んで欲しいなぁと思いました。
が、大陸からの観光客には興味はないかな(^^;

もう一つ観光客が少なかった場所、それが「函館市青函連絡船記念館摩周丸」です。

IMG_9496 (640x427)

この摩周丸は青函連絡船が廃止になる最後の日、1988年(昭和63年)3月13日まで運行していた連絡船です。

船内では、操舵室などを見学できるほか、パネルや映像などで青函連絡船の歴史等を知ることが出来ます。

この記念館は函館朝市のそばにあります。
しかし、ほとんどの観光客は函館朝市で足を止め、そこから先にすすもうとしないのです。
やはり食欲に勝るものはないのかなぁ(^^;

当時のまま残っている操舵室に立ちました。

IMG_9483 (640x427)


船長になりたかったBBは船長になった気分で、操舵室で一時の時間を過ごしました。
そして、汽笛を鳴らすボタンがあったので触っていいかどうか分からないけど押したら、「ボー、ボー」と汽笛が函館港に鳴り響きました。

そしてなぜか、「♪連絡線に乗り~♪」と歌っていたのでした(笑)
POI
スポンサーサイト
[ 2015/10/30 07:27 ] 旅行 | TB(0) | CM(6)
この辺は”遊び場”でした、高校時代の。通っていた高校がまっすぐ上に上がったところにありまして、いわゆる「通学路」でした。ぷらぷら、大門(駅前)地区の方に向かって友達と歩きながら、いろんな話をしましたよ。その頃はこんなに観光地化されてなくて、夕方の倉庫街は静かで、これがまたよかったんですよ。
[ 2015/10/30 09:00 ] [ 編集 ]
船長さん♪
BBさん、こんにちは)^o^(
BBさんは意外なところに行かれるんですね~

かく言う私も歴史的な所は
あんまり得意ではないので行かないのですが・・

BBさんは船長さんになりたかったんですね~
そんな人にとっては最高の場所ですね。
汽笛も鳴らせるのは面白そうです♪
[ 2015/10/30 16:54 ] [ 編集 ]
Re: タイトルなし
こんばんは。
通学路だったんですね、いいです、ロマンチックで(*^_^*)
静かな場所も今は喧騒に包まれて残念な場所ですね。
でもそれで函館の経済が上昇するならそれはそれでいいですね、って思います。
[ 2015/10/30 21:36 ] [ 編集 ]
Re: 船長さん♪
こんばんは、lilyさん。
函館港に響く汽笛は最高です。
もし機会があれば是非訪れて鳴らしてください(^^)
船長になった気分で。
[ 2015/10/30 21:38 ] [ 編集 ]
こう言う何気ない風景
なじみながら・・・・・

でも
観光客がカメラを向けるのは
意外と難しいと
私は思います・・・
[ 2015/10/30 22:04 ] [ 編集 ]
Re: タイトルなし
何気ない風景の中にその土地の良さや歴史が映り込んでいると思っています。
そういう写真をこれからも撮っていきたいです(^^)
[ 2015/10/31 06:29 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

カウンター
カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
フリーエリア