世界三大夜景

北海道旅行記も今日で最後。
最後の記事は、世界三大夜景の一つ、函館の夜景です。

IMG_9427 (640x427)

夜景を表現するのに「100万ドルの夜景」ってよく言われますが、この言葉は昭和20年代に神戸の夜に使われる電気代がおよそ100万ドル(1ドル=360円)だったからだそうです。
この函館の夜に使われる一晩の電気料金はいくらなんだろう?

その函館の夜景を観るために17時前にロープウェイで函館山に登りました。

日没前の明るい時間の函館山からの景色も素晴らしいです。

IMG_9387 (640x427)

この景色の反対側に日が沈んでいくのですが、夕日がとても綺麗でした。
しかし、夜景を観る場所を離れると、二度と好位置に戻れないので夕日の撮影はできませんでした(^^ゞ
なぜなら17時過ぎから続々と見学者が上ってきて、展望台は身動き取れないほどの人だかりになったから(@_@)

夕日は撮れなかったけど、夕日に染まる函館の町を。

IMG_9390 (640x427)

日が沈み、徐々に明かりが浮き上がってきました。

IMG_9405 (640x427)

周囲が暗くなるとさらに夜景が浮き上がってきます。
レンズ性能か、撮影技術なのか、プロカメラマンが撮影したような綺麗な夜景は撮影できなかったけど、目にはしっかりと世界三大夜景は焼きつきました。

IMG_9427 (640x427)

5日間の北海道旅行で函館では好天に恵まれて町をゆっくり散策したり、こうやって素晴らしい夜景を観ることが出来ました。
また機会があれば北海道を旅してみたいと思います。
POI
スポンサーサイト
[ 2015/10/31 07:00 ] 旅行 | TB(0) | CM(6)
以前は写真でいうと下側の方ももっと明るかったんですよ。こちら側に住む人がだんだん少なくなっていて、灯りもそれに合わせて少なくなりました。駅前のあたりも、私が住んでいた頃はにぎやかで明るさも今よりはあったと思いますが、今は写真の奥の左側に住宅地が広がっているので、繁華街と言われる場所も駅前から離れています。

少しずつ見慣れた夜景が変わっていくことに寂しさを覚えつつも、やっぱり函館の夜景は部活を終えての帰り道、いつも同じように輝いていたことを思い出します。

教会の鐘の音がなると、おなかも鳴りだすのがお昼の思い出(笑)
[ 2015/10/31 08:35 ] [ 編集 ]
綺麗ですね
函館の景色が、こんなにキレイに見えたんですね~!イイナァ☆
私が函館山に登った時は、いつも景色が見え難い悪天候の時でした
やっぱりBBさんの普段の行いが良いから、ご褒美だったんですね
美しい夜景を見せて頂き、ありがとうございます
[ 2015/10/31 14:23 ] [ 編集 ]
Re: タイトルなし
まりんさん、こんにちは。

教会の鐘が鳴るから腹時計は要らなかったのですね(笑)

町の風景は変わっていくけど、100万ドルいや1000万ドルの夜景はずっと残ってほしいですね。
[ 2015/10/31 16:40 ] [ 編集 ]
Re: 綺麗ですね
mamaさん、こんにちは。

札幌滞在中は天気がコロコロ変わっていましたが、函館はとてもいい天気で迎えてくれました(^^)
はい、これも日頃の行いのおかげですね(笑)

[ 2015/10/31 16:43 ] [ 編集 ]
きれいな夜景が見られたのですね!
お天気が良くてなによりでしたね!!
気温も低くて空気が澄んで
なおのこと綺麗に見えたことだと思います!!
[ 2015/10/31 22:04 ] [ 編集 ]
Re: タイトルなし
マルチ君の母、おはようございます。

おかげさまで綺麗な夜景を観ることが出来ました。
でも寒かったです(^^ゞ
[ 2015/11/01 06:10 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL