藤崎宮秋の例大祭

今、熊本市の代表的なお祭り「藤崎八旛宮例大祭」期間中ですが、今日はその中のクライマックス「神幸式 随兵行列」が行われます。

藤崎宮5 (640x480)

内容は
「ドーカイ、ドーカイ」の掛け声と共にラッパを吹きながら、飾り馬と共に市内を練り歩くのです。

1藤崎宮 (640x436)

ただおとなしく歩くわけではありません。
故意に馬を暴れさせて沿道の観客を喜ばせたりします。
そしてたまに馬を制御できなくなって馬を操っている人が馬の足で踏まれたり蹴られたり、また観客にも負傷者が出る場合があるのです。

藤崎宮3 (550x611)

以前は、飾り馬に酒を飲ましたり青竹で尻を叩いて馬を暴れさせていたのですが、動物愛護団体からの抗議で禁止になりました。

そしてこのお祭りは別名「ボシタ祭り」ともいわれています。
でもこの「ボシタ」は禁止され公共では使えません。

意味は、戦国時代に秀吉の命令で朝鮮に渡った加藤清正が勝利し帰国して、「朝鮮を没した」ということから「ボシタ祭り」と呼ばれるようになったという説があり、これがお隣の国の関係者からイチャモンがついて使用されなくなったそうです。

でも、伝統的なお祭りなのでそんな固いことを言わなくてもいいんじゃないかなぁとは思うのですが・・・。

なんでもかんでも抗議されたらやめるってのは日本の文化なのかなぁ?

でも、馬に酒を飲ませ青竹でたたくのはさすがに可哀そうなので抗議に従ってよかったと思います。
POI
スポンサーサイト
[ 2015/09/20 07:09 ] 未分類 | TB(0) | CM(4)
こんばんは♪
お馬さん、暴れてますね?!
なんとも激しいお祭りです!

うまくクレーム処理が出来ない
かと言って真実をスルーする
なかなか謎の国民ですよね〜(笑)
[ 2015/09/20 22:59 ] [ 編集 ]
Re: タイトルなし
おはようございます。
トラを素手で退治した加藤清正が始めた祭りですから激しいです(^^ゞ

BBは謎の国民の一人です(笑)
[ 2015/09/21 06:22 ] [ 編集 ]
アメリカではロディオがあって、
ご自分たちには肯定的ですから、あちらは抗議できないとおもいます。

馬は音に敏感で、やさしいし、、
脅かすのは可愛そうですが、
文化的には意味があったのでしょうし。
文化の変節はこうして行われてしまうのですねぇ。
[ 2015/09/21 08:42 ] [ 編集 ]
Re: タイトルなし
ロディオは人間と馬の戦い?のようなもので虐待とは考えないのかもしれませんね。
日本の文化は横やりが入ると姿が変わっていくのが悲しいです。
それはそれなりに意味があると思うので。
[ 2015/09/21 21:08 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL