高千穂河原

天孫降臨への道を上りきると、そこに「高千穂河原」があります。

IMG_8911 (640x427)

高千穂河原は標高970mにあり、高千穂峰の登山口となっています。
先日訪問した時も天気がよく多くの登山客の車が停まっていました。

IMG_8891 (640x427)
駐車料金500円

4年前に霧島連山の新燃岳が噴火した時は、多くの噴石がこの高千穂河原まで飛んできて一時閉鎖されました。
火山噴火に備えて、駐車場にはシェルターも設置されています。
阿蘇中岳の噴火、桜島の噴火、九州って活火山が多いです。

IMG_8890 (640x427)

ここには、ビジターセンターや無料休憩室がります。
売店もありますが訪問時は土曜日というのに営業をしていませんでした。

IMG_8913 (640x427)
ビジターセンター
IMG_8889 (640x427)
無料休憩所

ビジターセンターの入館は無料で、館内では霧島の自然を模型や写真、映像などで紹介してくれます。

そして、目玉っていうのではないですが、実際に高千穂峰に登らないと見ることが出来ない、逆鉾の模型が展示されています。

IMG_8909 (427x640)


山頂からの風景写真をバックに逆鉾をみると実際に登山を体感したような・・・(^^ゞ

この逆鉾は天孫降臨の再に瓊瓊杵尊(ニニギノミコト)が高千穂の峰に突き刺したといわれています。

無料休憩所の二階にある望遠鏡で天気がいい日は山頂に刺さる逆鉾を見ることが出来ます。
不思議な光景がそこには広がります。

足腰が丈夫なうちに一度、実物を見るために登山しようかな・・。
POI
スポンサーサイト
[ 2015/09/16 06:37 ] 未分類 | TB(0) | CM(8)
九州は火の国なんですね
だから熱い男(九州男児)が育つのでしょうか??
BBさんは九州男児なんですか?^m^
[ 2015/09/16 16:13 ] [ 編集 ]
Re: タイトルなし
こんにちは。
九州生まれの九州育ち、ですが、へたれです(^^;
親は四国の生まれなので、生粋の九州男児ではないですね。
[ 2015/09/16 17:58 ] [ 編集 ]
こんばんは(^-^)
模型ではなく山頂に刺さった逆鉾の写真を是非!(笑)
でも、登るのは大変そうですね(◎_◎;)
[ 2015/09/16 19:23 ] [ 編集 ]
Re: こんばんは(^-^)
こんばんは。
実物を拝みたいですが足腰に自信がありません(^^ゞ
鍛えて頑張ります!(笑)
[ 2015/09/16 19:57 ] [ 編集 ]
こんばんは
噴火怖いですね。シェルターがあっても・・・
登る自信がありません。

体力がないことには、自信が?あります。(~_~メ)
[ 2015/09/16 20:33 ] [ 編集 ]
Re: こんばんは
こんばんは。
活火山に登山するのはたとえ足腰が強くとも躊躇します。
何時噴火するか分からないから。
というのを言い訳に、登山はしません(笑)
[ 2015/09/16 20:38 ] [ 編集 ]
天孫降臨は、ドラマチックでしょう?
もっと前に生まれて神話のある子ども時代送りたかったぐらいしらないですが、
天の岩船、真床襲衾など、高千穂は一度は行きたい場所です。
ご紹介記事にワクワクです。
[ 2015/09/17 06:10 ] [ 編集 ]
Re: タイトルなし
おはようございます。
天孫は天の岩船に乗り、真床襲衾をまとって降臨したとも伝えられていますね。
神話のふるさとに是非、来訪してください。
[ 2015/09/17 06:40 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL