グラバー園 ①

長崎の観光名所、グラバー園内にある喫茶室「自由亭」のそばに「西洋料理発祥の碑」が建っています。

IMG_8403 (640x427)

その碑のは次のように書かれています。

西洋料理発祥の碑
わが国西洋料理の歴史は, 16世紀中頃 ポルトガル船の来航に始まり, 西洋料理の味と技は 鎖国時代, 唯一の開港地 長崎のオランダ屋敷からもたらされた。 1800年代にいたり 横浜, 神戸, 函館などが開港され, 次第に普及し, 更に東京を中心に 国内に大きく輪を広げ, 日本人の食生活に融和され現在の隆盛となった。ここに西洋料理わが国発祥を記念してこの碑を建てる。
1977年 社団法人 全日本司厨士協会


「自由亭」というのは、長崎の出島にいたオランダ人の下で西洋料理を修業した草野丈吉という人が作った日本最初の西洋料理店です。
「料金は一人前三朱、6人以上お断り、前日に予約すること」という記録が残っているそうで、ちなみに三朱は今の13,000円位だそうです。
当時は電話はなかっただろうから、前日の予約は直接来店して行っていたのでしょうね。

メニューには「カーァヒイ、カアレイ、ゼリターツ」などと記されていました。
カーァヒイはコーヒー、カアレイはカレー、ゼリターツはゼリータルトです。

やはり昔の言い方のほうが実際の発音に近いと思います。
アメリカで「コーヒー」て言ったら「コーラ」が出てきますもんね(^^ゞ

この自由亭は1887年に廃業したそうですが、建物は残っていたので1973年に保存のためクラバー園内に移築されました。
そのため、自由亭のそばにこの碑が建っているのです。

この自由亭の近くにあるのが、三浦環の像です。

IMG_8405 (640x427)

「誰それ?」
って思う観光客も多いのかなぁ、見向きもしない日本人観光客が多かったから(-_-;)

そうです、オペラ歌手です。
彼女は、「蝶々夫人(Madam Butterfly)」を世界中で公演しました。

長崎のグラバー園が舞台といわれるプッチーニ作曲の「蝶々夫人」は、1904年(明治37年)イタリアのミラノにあるスカラ座で初公演されました。
アメリカの海軍士官ピンカートンと蝶々夫人との悲恋の物語というより、蝶々婦人が裏切られる悲劇ですね。

蝶々夫人(三浦環像)は海の方を指差して、
「ある晴れた日に、水平線の向こうにひと筋の煙が見え、きっとあの人の船が帰ってくるわ」
と我が子に語りかけています。

指差す方向には造船中の船が見えました。

IMG_8407 (640x427)


この船に乗り込む船員がピンカートンのようなやつでないことを願います(^^ゞ
POI
スポンサーサイト
[ 2015/07/03 06:52 ] 未分類 | TB(0) | CM(6)
No title
「蝶々夫人」、名前くらいしか知りませんでした。

とても悲しいお話なんですね。

一度だけ、子供たちの小学校でオペラ歌手の歌を聞いたことがあります。
とても引き込まれるものがありました。
「蝶々夫人」もいつか聞いてみたいものです。

[ 2015/07/03 11:01 ] [ 編集 ]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
[ 2015/07/03 11:47 ] [ 編集 ]
No title
すごく昔にグラバー邸に行った時の感動が薄くて
2年くらい前に行った時はスカイロードで目の前に降りたけど寄らなったグラバー邸
こちらにお邪魔して へえっ!!!!(驚)です。
やっぱり寄ればよかったと後悔です・・笑

長崎は発祥地が多いと聞きました。
西洋料理もそうなんですね。
前日に予約 高級料理なので ご主人の為に使用人が
この坂を上って予約したのかな?なんて想像しちゃいました今日の記事でした。
[ 2015/07/03 15:15 ] [ 編集 ]
Re: No title
「蝶々婦人」、記事にはしましたが、「♪あ~る晴れた日~♪」のフレーズしか浮かばないのです(^^;
三浦環はイタリアでイタリア語で歌ったのでしょうね。
オペラって聴く前にストーリーを把握していたほうがいいなぁと思います。
ぜひ、蝶々婦人を聞くことがあるときは事前にネットとかであらすじを調べておくのをお勧めします。
感動が違います・・たぶん(^^;
[ 2015/07/03 17:08 ] [ 編集 ]
Re: No title
スカイロードを利用したのなら、ぜひグラバー園にも行ってほしかったです。
たぶん、以前と違った見方が出来たのではないでしょうか。
また機会があればぜひ立ち寄ってください。
ちなみに記事にした「自由亭」は保存のためにグラバー園に移築されたので、たぶん本来は平地にあったと思います。
それでも、使用人がご主人に言いつけられて予約をしに行ったのでしょうね。
[ 2015/07/03 17:13 ] [ 編集 ]
Re: No title
歴史が不得意なので黒船が来航した港を知りません(^^;
カアレイといえば、「海軍カレー」ってのが商品でありますよね。
美味しいいのかなぁ?
[ 2015/07/03 17:15 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL