キリシタン大名「大友宗麟」が築いた臼杵城下町

昨日記事にした「臼杵石仏」がある大分県臼杵市は戦国時代キリシタン大名の「大友宗麟」が開いた城下町です。

でも市内にはそれを感じさせる施設は残っていません。

そんななか、「久家の大蔵」という蔵にはポルトガルと臼杵の交流を表したアズレージョの壁画が装飾されています。

臼杵
久家の大蔵

タイルはアズレージョの本場ポルトガルで作成されたものです。

蔵は江戸時代末期に棟上げされた蔵で、造り酒屋の『久家本店』が 貯蔵庫として使用していた酒蔵だそうです。  

この酒屋がある周辺が城下町で、当時の町割りを偲ばせる商店街ができあがっています。
商店街には江戸時代初期から400年の歴史を持つ味噌醤油屋さんもあります。

臼杵2
八町大路
IMG_4775 (640x427)


商店街からちょっと歩いたところにあるのが「二王座の歴史の道」です。
二王座は、武家屋敷が立ち並び、多くの寺が集まっている地域で、江戸時代の面影を今も感じることが出来ます。

臼杵4

IMG_4780 (640x427)


1556年、大友宗麟が臼杵に築城して多くのキリシタンが臼杵に移住し、臼杵の町の基礎はキリシタンによって整備されました。
そして日本で一番美しいといわれた聖堂や修道士が勉強する場所もあり、日本での布教方針を決める重要な会議もここ臼杵で行われていたそうです。
まさに臼杵は日本におけるキリスト教文化の中心都市だったんでしょうね。でも、その面影は町を歩いても見ることはできません。

大友家が滅び、そしてその後のキリシタン弾圧が全てのキリスト関連施設を破壊したんでしょうね。
大友宗麟が神社仏閣を破壊したように(一説では宗麟の息子「義統」が行ったとも)。

今もそうだけど、宗教がらみでの破壊が多いのはどうにかならないのでしょうかね。
POI
スポンサーサイト
[ 2017/05/25 06:40 ] 大分 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL