築150年。瀬戸田でみつけた古民家カフェ

生口島の瀬戸田しおまち商店街に古民家カフェがあったので立ち寄りました。

しおまちてい (10)

座敷に上がって、小さな中庭を見ながら飲むコーヒーは格別。
開け放された窓からは心地よい風が入ってきていました。

訪問したのは「汐待亭」です。

しおまちてい (2)

この建物は元郵便局長の母屋だった旧家で、江戸期の建築だとか。

実は商店街をブラブラしていたら地元のおばさん(自分はおじさんですが(^^;)に呼び止められ、「この建物は古いんよ」と話し出しました。
彼女の説明では築150年以上は経っているとか。
中に案内され、
「梁が立派でしょう。そしてあれ、見てごらん。かごがあるじゃろ。あれはお嫁さんが輿入れするときに使ったもの」

しおまちてい (11)

と親切に説明してくれました。
なかなか立派な旧家でした。

室内に自転車が見えるのは、カフェをやりながら自転車の整備などもここで行っているからだそうです。

そしてここは郵便局長の母屋だったと同時に郵便局でもあったのだけど郵便局が広い道に移転し、その後料理屋として使われていたそうです。
そして、料理屋が営業をやめたので新たにカフェとしてオープンした店だと説明されてました。

なかなか雰囲気のいいカフェです。

しおまちてい (3)

このカフェでは、隠し味に瀬戸田のみかん蜂蜜を入れた欧風カレーや、瀬戸田の柑橘を食べて育ったイノブタ「しましし」で作ったソーセージや焼肉がいただけます。

おばさんから、『ここの料理は美味しいから食べていきんさい』、と言ってくれたのですが、すでにランチが終わった後だったので・・・。

コーヒーだけとなりました。

店内の雰囲気がよく、丁寧にドリップされたのがわかるすごく美味しい珈琲で、また訪れたいお店です。

申し訳なかったのはお勘定のときに1万円札しかなかったこと。
お釣りがないんです。
ちょっと待っていてくださいと出かけていき、バナナを片手に戻ってきました。
バナナを買ってお釣りをこさえたんでしょう、悪いことをしました。ごめんなさい。

でも笑顔で見送りをしてくれました。

ちなみにここは若い夫婦がやっていて二人ともミュージシャン。たまに演奏会もやるそうです。

ところで「おばさん」。
この店の人かと思ったら近所の人。

瀬戸田っていい人が多いな、と感じました。
POI
スポンサーサイト
[ 2017/06/29 06:29 ] 未分類 | TB(0) | CM(4)
良い雰囲気のカフェですね。
今度は食事もできるといいですねえ(^_^)
[ 2017/06/29 08:35 ] [ 編集 ]
なんだか
ゆったりとした気持ちになるカフェですね

バナナを買ってお釣り銭を用意
お人柄そのものカフェの空気だったのでしょうね・・・
[ 2017/06/29 19:13 ] [ 編集 ]
ジャムさんへ
こんばんは。
すごくいいカフェです。
尾道に公演に行ったときはちょっと足を伸ばして訪問してください。
「しましし」の肉を使ったキーマカレーがおススメです。
[ 2017/06/29 19:44 ] [ 編集 ]
マルチ君の母さんへ
こんばんは。
本当にゆったりのんびり出来るカフェでした。

次回は大きなお釣りにならないようにしたいと思います(^^♪
[ 2017/06/29 19:46 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL