5円を大切にする店のタコ重「わか葉」@瀬戸田

瀬戸田レモンの島「生口島」はタコも美味しい島です。
なので、ランチにタコ料理を食べようと。

訪問したのは瀬戸田のしおまち商店街にある「わか葉」さんで、食べたのはたこ重。

わかば (4)

わかば (5)

温かいご飯の上に煮タコがびっしりのっています。
そして白髪ねぎのアクセント。
見るからに美味しそう(^^)

そしてタコの味は?

わかば (2)

時間をかけてゆっくり煮込まれたのがわかる味がしっかり染み込んだ柔らかいタコでした。

実はこのお店は飛び込みで入店したんです。
本当は別のたこ料理の店に入ろうとしたのですが、すごく感じが悪かくて、HPに掲載されている営業時間開始後に入店(暖簾もかかり、営業中の札もあり)にもかかわらず、まだ営業時間ではありません、だって。
テーブルの上に付け出しが沢山並べられていたから団体客が来るので厨房が間に合わなかったのか?
それなら「営業中」の札は「仕込み中」か何かにしておいてほしい。
有名人が来た店か何か知らないけど、ダメだこりゃ、でした(笑)

ということで「わか葉」さんに。

わかば (1)

実は後で知ったのですが、このお店は瀬戸田生まれの今は亡き日本画家 平山郁夫が帰郷したときに立ち寄っていたそうです。

店内で??と思ったのはメニューもそうですがいろいろなところに5円の表示がありました。
そしてメニュー価格も一桁が5円になっていました。
これは女将さんの“人との縁で商売が成り立つ”、という思いがきっかけだそうです。

そして、5円のおつりが出たときは、

IMG_5504 (640x480)

このように紫のリボンを付けた5円を渡されます。
5円玉を見て店のことを思い出してほしいという気持ちからだそうです。

知らずに飛び込んだ店で美味しい料理を食べてちょっとしたおもてなし。
そして画伯も立ち寄ったというお店。

このお店に来れたのも最初の感じの悪い店のおかげですね(^^;

5円玉を見て思い出したらまた訪れたいと思います。
POI

スポンサーサイト
[ 2017/06/28 06:48 ] 食べ物 | TB(0) | CM(4)
タコご飯、美味しそうですね。
このような入れ物(桶?)に入っているのは初めて見ました。
きっと軟らかく煮てあるのでしょうね。
5円は、お店の人の優しさが伝わってきますね。
[ 2017/06/28 17:39 ] [ 編集 ]
chococake55さんへ
こんばんは。
タコ重の入れ物ですが、このお店は先代がお寿司屋さんだったので寿司桶なんです。
タコは半日くらいじっくり煮るそうです。
とても美味しいタコでした。
ご縁を求めてまた訪問したいと思います。
[ 2017/06/28 20:27 ] [ 編集 ]
くうへのお祝いメッセージをありがとうございました^^

たこ、こちらも美味しそうですね
きっと時間をかけて煮込んで、手間がとってもかかっていそうです
今回ばかりは、真似て作れそうもありません(笑)
食べに行かねば、ですね

前回のシュリンプカレーライスはどこに海老が入っているのか
分からないくらいでしたが、カレーはまろやかになりますね^^
[ 2017/06/28 23:27 ] [ 編集 ]
くうたらねるこさんへ
おはようございます。

このタコは本当に絶品でした。
ぜひ瀬戸内海へ旅立ってください(^^)

シュリンプカレー、次回は天草産の車えびで(^^)
[ 2017/06/29 06:21 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL