鞆の浦の1,2を争う観光地「對潮楼」

鞆の浦観光のなかでも1,2を争うのが福禅寺の對潮楼ではないでしょうか。ここから見える景色はなんともいえないものです。

たいちょうろう (2) (640x427)

まるで美術館に掲げられた一枚の絵画のように見えませんか?

福禅寺は950年頃の創建と伝えられる古刹で、本堂と隣接する客殿が「對潮楼」です。對潮楼は江戸時代の元禄年間(1690年頃)に建立されたと伝わっています。

たいちょうろう (640x427)

ここからの眺めは誰もが魅了される景色です。訪れた人は時間を忘れてゆっくりと観賞しています。

たいちょうろう (3) (640x427)

對潮楼は江戸時代、朝鮮から来日した通信使のための迎賓館として使用されていました。

その通信史の一人、李邦彦が1711年に訪れたとき、ここからの眺望を「日東第一形勝(朝鮮より東で一番美しい景勝地という意)」と賞賛し、そして1748年に正使として訪れた洪啓禧(ホン・ゲフィ)が「対潮楼」と名づけたといわれています。

日本全国、 人の手によって造られた庭園は沢山ありますが、自然が作り上げた庭園に勝るものはありません。
なさに「日東第一形勝」と呼ばれる對潮楼からの景色です。
POI
スポンサーサイト
[ 2017/06/18 06:41 ] 未分類 | TB(0) | CM(2)
ここからの眺めは本当に素晴らしいですね。
まさに一幅の画。
ワタシもじっくり座って眺めました。
日本は色んな見所のある地がまだまだ沢山ありますね~。
[ 2017/06/18 20:48 ] [ 編集 ]
GUIHUAさんへ
おはようございます。
とてもいい景色でした。天気に恵まれたのもありますが。
できればお茶でも飲みながらゆっくり過ごした居場所です。
[ 2017/06/19 06:21 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL