閉店した食堂のショーケースで思うこと@別府

昨日の記事で、別府駅の東口は西口よりも繁栄しているように書きましたが、そうでもない部分も・・・。

この食堂のショーケース。

IMG_4927 (480x640)

なんだ???
って思いますよね。
じつは閉店したレストランのショーケースです。

IMG_4937 (480x640)

で、このお店がどこにあるかというと別府駅東口の目のまん前。
写真右手が別府駅前通りです。

こんな一等地にありながら営業が続けられなかった?

そこでちょっと最初の写真のメニューの値段を見て思いました。

「だんご汁定食」や「鳥天定食(メニューでは鳥天になっていますが正式は『とり天』)」の値段。
大分の名物料理だから?それにしても高い、高すぎる!
「だんご汁定食」に1300円、「鳥天定食」に1200円。

もしかしたら超豪華食材を使っていた??

こんな価格では地元の人は利用しないでしょう。
別府駅前にあるから、まさに観光客相手だったんでしょうね。
たとえ観光客相手だとしても、「だんご汁定食」や「とり天定食」に1000円以上の値段をつけてはいけません!

よく全国放送で紹介される別府の「とり天発祥の店」なんてところも1300円(だったかな)の「とり天定食」を出します。
そしてTV番組でここの「とり天」をタレントが美味しい美味しいと食べているのが不思議です。
こちらはテレビ効果で駅から歩いていけるような場所ではないけど、県外から客が沢山来て、とり天定食に高いお金を払っています。
笑ってしまいます。

別府は油屋熊八の 「旅人をねんごろにせよ」(旅人を もてなすことを忘れてはいけない)精神を思い出してほしいなぁ。
POI
スポンサーサイト
[ 2017/05/18 06:41 ] 未分類 | TB(0) | CM(2)
確かに高いですね
函館朝市の海鮮どんぶりも2000円以上します。あの地域は観光客が来るから強気なんでしょう。レストランの経営者の中には函館市民が来て欲しいと思っている経営者もおります。食べ物は適正な値段で 出して欲しいですね。
[ 2017/05/19 06:02 ] [ 編集 ]
tugumi365さんへ
おはようございます。
函館朝市に行きました。確かに高かったのを覚えています。
札幌からの電車の中で長万部のかに弁当を食べた後だったので結局朝市での食事は割愛しました(^^;
適正な価格で美味しい函館の味を提供してくれる店をこれからも紹介してください(^^)
[ 2017/05/19 06:42 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL