壇ノ浦古戦場「みもすそ川公園」

関門海峡の下関側に源平の最後の激戦地「壇之浦古戦場」を一望できる「みもすそ川公園」があります。

IMG_4268 (640x427)

IMG_4223 (640x427)


安徳天皇入水の地の碑のそばには錨を持った平知盛と八艘跳びをする源義経の像が設置されています。

IMG_4215 (640x427)

IMG_4272 (640x427)

敗戦濃厚の平家の武将 平教経は敵の大将であるの源義経を道連れにして死のうと義経の船を見つけ乗り移りました。
しかし身の軽い義経は、ふわりと飛び上がると船から船へと八艘の船を飛び移って去ってしまったという場面ですね。

どうしてここが「みのすそ川」という名前がついた公園なのか?

IMG_4208 (640x427)

『今ぞ知る 身もすそ川の 御ながれ 波の下にもみやこありとは』
という安徳天皇を抱えて壇之浦に入水した二位の尼(平時子)の辞世の歌からこの地名が生じたといわれています。

公園には江戸末期の大砲のレプリカが設置されています。
ここは幕末期の攘夷戦で関門海峡を航行する外国船に砲撃した場所でもあるのです。

IMG_4204 (640x427)


源平合戦の地であり、そして激動する日本の幕開けの地。
そんな歴史があったのがウソのような景色が広がる「みのすそ川公園」です。

IMG_4213 (640x427)

関門橋の下を通過する船を見ながら歴史浪漫に思いを馳せるのも楽しいですね。
POI
スポンサーサイト
[ 2017/04/06 06:53 ] 未分類 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

カウンター
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
フリーエリア