出光佐三が結婚式を挙げた甲宗神社

海賊とよばれた男のモデル「出光佐三」が出光商会を設立した門司港。
この門司港に佐三が結婚式を挙げた神社があります。

IMG_4293 (640x427)

それが甲宗八幡神社で創建は1200年近く前の西暦860年、清和天皇によると伝えられています。
すごく歴史のある神社です。

ここで大正15年6月に佐三は結婚式を挙げたそうです。
神社に佐三は沢山の寄進をし鳥居もその一つ。

IMG_4296 (640x427)


鳥居の額に書かれた「甲宗八幡宮」という文字は佐三の直筆だそうです。

甲宗八幡の「甲宗 」の由来は、神功皇后が朝鮮半島に出兵した三韓征伐(さんかんせいばつ)の際に着用したとされる甲が御神体だからだそうです。
その御神体は50年に一度しか拝観できません。次回は2058年、見ることはできないなぁ(^^;

そんな歴史がある甲宗神社の社殿は新しいです。

IMG_4298 (640x427)

第二次大戦で焼失したので、1962年(昭和37年)に再建されたものです。

参拝した時に車祓いが行なわれていました。

IMG_4299 (640x427)

ゴミ収集車のようですが、交通安全はもちろん、作業中の無事、身の安全、機械の故障が無いよう祈願しているんでしょうね。
先日宮崎神宮を参拝した際は現金輸送車が御祓いを受けていました。
商用車というのはどれもお祓いをするんでしょうね。

この御祓いを見ていたら、なにやら神社背後の山でガサゴソ。

IMG_4301 (640x427)

IMG_4304 (640x427)

イノシシでした。

門司港は北九州市。
北九州市といえば都会のように思えますが、イノシシも生息しているいすんですね。驚きました。

このイノシシの祖先は、佐三が結婚式を挙げているときに裏山で見守っていたのかなぁ。
POI
スポンサーサイト
[ 2017/03/31 06:30 ] 神社 | TB(0) | CM(4)
自然はすごいですね~
ほんの裏山にも、イノシシが生息するんですね
歴史ある神社に 守られてもいるのかなぁ
[ 2017/03/31 09:29 ] [ 編集 ]
奥様は、、勿論(最初の方)ですよね?
気立ての良い方だったのに、、、

猪は、襲って来ないんですか?
怖いなあ。。。
[ 2017/03/31 20:56 ] [ 編集 ]
ココモカさんへ
おはようございます。
壊されていく自然が神社や寺院があるから守られているといいます。
そういう意味では都会にいるイノシシも神社に守られているんでしょうね。
[ 2017/04/01 06:35 ] [ 編集 ]
アイハートさんへ
おはようございます。

再婚だそうです(^^;

イノシシが襲ってくるという話をよく聞きますよね。
近寄らなければ大丈夫なのではないでしょうか。
このイノシシは神社境内に下りてくる気配はなかったから人間が怖いのかも。いや神様か?
[ 2017/04/01 06:38 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL