鹿児島に行ったら必ず食べる「灰汁巻き」

鹿児島の灰汁巻き(あくまき)です。

IMG_4678 (480x640)

いろいろな灰汁巻きが売られているけど買うのはきな粉がついたの。
灰汁巻きに「きな粉」は必需品ですからね。

灰汁巻きは、灰汁の染み込んだ竹皮に包まれています。

IMG_4679 (640x480)

竹皮を開くと、
ジャジャ~ン!

IMG_4680 (640x480)

ところで灰汁巻きは南九州にしかないのでは?
西南戦争の時、西郷隆盛が保存食として持参したのがこの灰汁巻きだそうです。
だから鹿児島の食べ物だけど、西郷隆盛が転戦する間に、熊本の南部や宮崎にも伝わったんでしょうね。

もち米を竹の皮で包んで灰汁で炊いているのでこんな色になってしまうのです。

粘り気のあるもち米なので包丁を使って切ろうとしてもなかなか難しい。
そこで役に立つのが竹皮なんです。

竹皮の一部を割いて、その竹皮で灰汁巻きを切るのです。

IMG_4681 (640x480)

切ったらきな粉をたっぷりかけていただきます。

IMG_4683 (478x640)

灰汁巻きはアルカリ性食品でミネラル類が多く含まれている健康食品でもあります。

食感は、わらび餅よりもっと弾力があり餅米の粒が若干残っています。
きな粉の代わりに蜂蜜、ココアパウダーをかけても美味しいかも。
これぞ薩摩を代表する郷土の味ですね(^^)。
POI
スポンサーサイト
[ 2017/03/13 06:39 ] 食べ物 | TB(0) | CM(4)
見た事も食べた事もありません~
でも おいしそうですが、
灰汁で炊くのも想像外でびっくりしました。
竹の皮でしか切れないのも、面白いですねぇ
もち米大好きなので、
機会があったら絶対食べたいです
素朴なものは、味わい深い物が多いですよね
[ 2017/03/13 17:18 ] [ 編集 ]
ココモカさんへ
こんばんは。
やはり南九州だけのものですね。
もし西南の役で西郷隆盛が勝利していたら全国的な食べ物になっていたのかも(笑)
昔ながらの素朴な味、ぜひ鹿児島を訪れた時は召し上がってください。
[ 2017/03/13 20:35 ] [ 編集 ]
唾液がじわーと出て来ました。
ワタシもあくまきが大好物でして。
あのぼわ~とした甘みと食感がなんかくせになるんですよね~。
きな粉は必須ですが、黒蜜もいけそうですよね~。
蜂蜜だったら樹木蜜をかけてみたいかな。
ココアパウダーですか?実験してみたいです!
[ 2017/03/13 23:34 ] [ 編集 ]
GUIHUAさんへ
おはようございます。
あく巻き、本当に美味しいですよね。
これを考え出した人は素晴らしい!(^^)
ココアパウダー、絶対に美味しいと思います。
是非トライしてみてください。
[ 2017/03/14 06:40 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

カウンター
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
フリーエリア