別府温泉の「湯~園地(ゆうえんち)計画」は来年実現するらしい

やるね、長野別府市長。
今年、Youtubeに投稿した別府温泉のPR動画「湯~園地」が100万回再生されたら実現すると公約していました。
その動画が100万回再生を達成したので期間限定だけど一部実現に向けて動き出すそうです。

動画は別府の老舗遊園地「ラクテンチ」に約12トンの温泉水を持ち込み、観覧車やジェットコースターなどの座席を湯船に仕立てて、楽しむ映像です。




どんな催しになるのか?
今から楽しみです。

今年の熊本地震のときは大分県も被害があり、別府の観光客も激減しました。
来年は活気のある別府に戻って欲しいです。
POI
スポンサーサイト
[ 2016/12/29 06:48 ] 未分類 | TB(0) | CM(14)
おはようございます♪

ラクテンチを湯~園地計画って 期間限定でないと冬は寒くて無理だわね =^-^=

>約12トンの温泉水を持ち込み、観覧車やジェットコースターなどの座席を湯船に仕立てて、楽しむ映像です

企画は楽しいけどどうなるのかしらね 興味津々だわね
[ 2016/12/29 06:58 ] [ 編集 ]
温泉入ってジェットコースター!
夢のようですねえ(^_^)
[ 2016/12/29 07:30 ] [ 編集 ]
はやとうりさんへ
別府に住んでいたときは子供をつれて楽天地によく行っていました。
こんな企画が当時あればよかったのにって思います(^^♪

実際は観覧車などに温泉は入れないだろうから、今一生懸命企画しているんでしょうね。

4月の温泉祭りのときに消防の放水車で温泉をぶっかけっるとかを考えているようです。


[ 2016/12/29 07:57 ] [ 編集 ]
ジャムさんへ
温泉につかりながらコースターに乗ったら暖まらないうちに終わってしまいそうですけどね(^^;
どんな企画を練っているのか興味津々です。
[ 2016/12/29 07:59 ] [ 編集 ]
ちょうど今、テレビでその話を見たばかりでした
確かにジェットコースターの中が温泉では温まる暇がない 笑
ウォータースライダーで落ちるところが露天風呂 
そのまま温泉にドボンっていうのはいいかもしれません 
この案どうでしょ?

[ 2016/12/29 08:19 ] [ 編集 ]
こんにちは。
私も、さっきチラッとTVでみました。
でも、観覧車はよさそうですけど、
ハードなアトラクションは
タオル1枚では、楽しめなさそうです。
実現したところをみてみたいですね。
ですが、新しいことを始める。って、
スゴいことなんですよね。
[ 2016/12/29 10:33 ] [ 編集 ]
うにトラさんへ
こんにちは。
「ウォータースライダー」、Good ideaですね。
さっそく長野市長に提案しておきます(^^;

[ 2016/12/29 12:24 ] [ 編集 ]
ピッピさんへ
こんにちは。
別府温泉を観光地として有名にしたのは油屋熊八さんで、日本で最初にバスガイドを取り入れたアイデアマンです。
その熊八を見習って今別府はいろいろなことにチャレンジしています。
そういうエネルギーのある別府温泉へ是非お越しください。
[ 2016/12/29 12:27 ] [ 編集 ]
こんばんは
このニュース、TVで観ました。
達成したんですね‼️おめでとうございます。
[ 2016/12/29 17:36 ] [ 編集 ]
yurusaさんへ
こんばんは。
ありがとうございます。

100万回達成したら実現するという公約。
良かったのか悪かったのか(^^♪
でも別府はがんばります!
[ 2016/12/29 19:40 ] [ 編集 ]
このニュース、私も何回か見ました。
どうやったら実現できるか?一緒に考えながら^^@@
実現出来たら、万難を排してでも、是非行ってみたいです。
[ 2016/12/29 21:51 ] [ 編集 ]
どんなことをやるのか楽しみですね。
これがきっかで別府温泉に観光に来る人が増えたら
願ったり叶ったりですね。
[ 2016/12/30 05:27 ] [ 編集 ]
chococake55さんへ
おはようございます。

期待を裏切らないような企画を考えてもらいたいですよね。
動画にあるような内容が全て実現すれば申し分ないのですが・・・。
それは無理だろうけど、がんばってほしいです。
[ 2016/12/30 06:41 ] [ 編集 ]
まりりんごさんへ
おはようございます。
今年は本当に観光客が激減しましたからね。
日本一の別府温泉、観光客をうなずかせる素晴らしい企画を期待しています。
[ 2016/12/30 06:44 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL