吉野ヶ里遺跡① 弥生人の声が聞こえる

「弥生人の声が聞こえる」!
佐賀県神埼郡吉野ヶ里町にある 吉野ヶ里歴史公園 。国立の歴史公園です。

公園入り口は弥生というより近代化施設を思わせます。

吉野ヶ里1 (2) (640x427)

が、一歩公園内に入ると・・・。

吉野ヶ里1 (4) (640x427)

集落跡の入り口に杭があります。
「逆茂木」という敵の侵入を防ぐための特別な仕掛けで、このように先を尖らせた木を立てていたと考えられているそうです。

え!?いのしし!
吉野ヶ里1 (5) (640x427)

当時は貴重な食料だったんでしょうね。

最初に向かったのが吉野ヶ里の支配者層が生活をしていた場所と考えられる「南内郭」というエリアです。
物見櫓や竪穴住居11棟の他、集会の館など20棟の建物が復元されています。

吉野ヶ里1 (7) (640x427)

吉野ヶ里1 (10) (640x427)
物見櫓からの風景
吉野ヶ里1 (11) (640x427)
物見櫓からの風景、村を囲むように壕があります

この場所は、最盛期の頃、吉野ヶ里の集落をはじめ、周辺のムラを治めていた王やリーダー層の人々が住んでいた場所と考えられているそうです。
それは、周囲を環壕と城柵で囲まれ、敵を見張ると同時に吉野ヶ里集落の権威を示すシンボルの物見櫓と考えられる建物跡が見つかり、さらに一部の有力者しか持つことができなかったといわれている鉄製品が数多く見つかっているからだそうです。

再現住居は室内を見学できます。
それぞれ「大人(だいじん)の家」とか「大人の妻の家」とか説明が書かれています。
室内には当時の生活を再現して人形も置かれています。

吉野ヶ里1 (15) (640x427)

吉野ヶ里1 (17) (640x427)

広場の一角には、弥生時代の生活道具なども展示されていました。

吉野ヶ里1 (18) (640x427)


外環壕の内部にある集落にはおよそ1200人、吉野ヶ里を中心とするクニ全体では、5400人くらいの弥生人が住んでいたのではないかと考えられてるそうです。

なんか弥生人の声がかすかに聞こえてきませんか?
寿命は40歳位だったと言われる弥生人、死んだらカメカンに納められて埋葬されていたんですよね。
その記事はまた明日。
POI
スポンサーサイト
[ 2016/12/20 06:40 ] 未分類 | TB(0) | CM(4)
こんにちは
吉野ヶ里町すごいですね
行きたくなりました。
こんなに規模が大きい遺跡は、初めて見ました。
明日も楽しみです。
[ 2016/12/20 11:52 ] [ 編集 ]
弥生時代に始まったこと
稲作が始まって 豊かになって いい暮らしと思ったら
1万年つづいた平和な 縄文がおわり
それが原因の 戦が始まったのかな 弥生時代
[ 2016/12/20 13:47 ] [ 編集 ]
nasu_to_matoさんへ
ですね。
稲作ができる場所を奪い合ったんですよね。

[ 2016/12/20 20:52 ] [ 編集 ]
ココモカさんへ
吉野ヶ里遺跡、じっくり見ると半日では足りないくらいです。
訪れるのは春と秋がおススメ。
真夏は死んでしまいます(笑)
[ 2016/12/20 20:54 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL