なぞの地下室がある人吉城歴史館

美人の湯として有名な人吉温泉には人吉球磨地区を400年にわたり治めていた相良氏の拠点の人吉城があります。
現存する建物はありませんが、人吉城址の一画に人吉城歴史館があり当時の繁栄ぶりなどを知ることができます。

IMG_2704 (640x427)

ここでの見所は謎に包まれた地下室です。
相良清兵衛(元の名は犬童頼兄で相良家に貢献したので相良姓が与えられた)の屋敷にあった地下室で、発見された時は完全に埋められていたそうです。
掘り返すと、石段の降り口や踊り場、方形大型の井戸があらわれました。
関連する文献などが全くないために何の目的で作られたかは分かっていません。

同じような地下室が相良清兵衛の息子の相良内蔵助の屋敷内にもありました。

IMG_2713 (640x427)

写真は、相良内蔵助の屋敷内のものです。
残念ながら内部に入ることは出来ず屋外からの撮影。

人吉城歴史館にある、清兵衛の屋敷にあった地下室は見学できますが撮影禁止でした。

この地下室の目的は?

一説では、相良清兵衛はキリシタン大名の小西行長と親交があったため、行長の意見を参考に礼拝所として造られたんじゃないかというのです。

そして、清兵衛が藩を追放になった時、その処分に不満を持った一族が屋敷に立てこもる「お下の乱」が起こります。
しかし相良藩によって全員討ち死にするのですが、相良藩士が地下室を発見した時にキリシタンの施設だと分かり、これが幕府に知れたら大変なことになるということで二度と掘り返されないように埋めてしまったのではないかと。

ん~、歴史ロマンですね。

ちなみにこのキリシタン施設説は偉い先生方が首を縦に振らないから採用されていないそうです。

いったい何の目的だったのか?
球磨川下りをしながら、考えるのもいいかも。

IMG_2727 (640x427)

それか、球磨焼酎の蔵を見学をして試飲をし、足湯に浸かって歴史ロマンに思いをはせるのもいいかも。

IMG_2748 (640x427)

温泉に入って、球磨焼酎飲んで、人吉の郷土料理食べながらゆっくり考えたいですね。
POI
スポンサーサイト
[ 2016/12/05 06:43 ] 未分類 | TB(0) | CM(2)
球磨川
こんばんは

ご無沙汰しております
球磨川ってこんなに大きいのですね

謎の地下室。興味が湧きますね
[ 2016/12/05 23:11 ] [ 編集 ]
popoko5さんへ
おはようございます。

球磨川は大きな川ですよ。
そして綺麗な川で鮎も沢山獲れます(^^)

人吉温泉で球磨川下りをしながら謎の地下室について想像しませんか?
歴史浪漫が広がります(^^)
[ 2016/12/06 06:43 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

カウンター
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
フリーエリア