柿の葉寿し

熊本に移り住んで10年以上経って初めて大津町にある「柿の葉寿し本舗」さんを訪れました。

IMG_3899 (640x478)

国道57号線沿いにあり、以前から店があるのは知っていたのですがなかなか立ち寄る機会がなくて。
店内は、メニューを示した棚とレジがあるのみ。
レジの奥に調理場があるようです。

IMG_3898 (478x640)

熊本地震前は店内で小物を販売したり食事も出来ていたそうですが、いまは出来ません。
この写真の後ろはいろんなものが散乱していてまだ片付けられていないような状況でした。

この店舗は国道57号の4車線化にともない立ち退きが決定していました。
そこで別の場所にみつけた築180年を超える古民家を改装して営業をすることにし、4月25日にオープン予定だったそうです。

が、新規オープンまで残すところあと10日となった時に熊本地震が発生。
なにせ古民家、大きな被害を受けいまだに移転できずに、ここで営業をされています。

道路の4車線化工事は今は止まっているけど、工事が始まったらどうなるんだろう?
でも、阿蘇大橋付近が通行止めなので当分工事はやらないかなぁ。

初めて訪問して買ったの、鯖と鮭のお寿司です。

IMG_3916 (480x640)

IMG_3917 (480x640)

美味しかったです。
完全無添加で自然の味。
柿の葉のほのかな香りに包まれた、かたすぎず軟らかすぎずのシャリと自然の旨みが出ているネタが絶妙に交わって何個でも食べられる寿司でした。

この店の「柿の葉」は、5月に1年分を取って冷凍保存して使っていて、採取時期数ヶ月間は、取りたての生葉を巻いて作っているそうです。柿の葉はもちろん熊本県産。生葉の時の寿司を食べてみたいです。

店がある大津町は、地震被害が多かった益城町や西原村、南阿蘇村に隣接していて、多くの家屋や店舗が被害を受けた地域で、柿の葉寿しも被害を受けたそうです。

新しくオープンする予定の古民家も地震被害にあったのですが、今営業中の店同様、店があるだけで住んでいないため全く行政からの保障がないそうです。

こういう店は多いのかもしれないですね。

店がある場所は国道57号の迂回路の入り口からさらに阿蘇大橋よりなので交通量が一気に減少する場所です。立ち寄る客も減ったようですが、昔からの常連さんが今も変わらず贔屓にしていてくれるので営業を続けているようです。
これからも復興支援のためこの店を応援していこうと思います。
POI
スポンサーサイト
[ 2016/11/23 06:45 ] 未分類 | TB(0) | CM(6)
こんにちは 

柿の葉寿司 奈良が有名ですが熊本でもあるんですね 
一つ一つ手間掛かって 美味しいですね ( *´艸`) 

前記事 バイキングが復興価格と、、、
先週 子供が会社の2年目研修で大阪に 
九州熊本の同期も来てはったそうです。
日常生活は普通にはしてるけど 
復興にはマダマダ何年掛かるかって話してはったそうです。
一日も早く 観光の方々が戻って来られると良いですね。
[ 2016/11/23 17:13 ] [ 編集 ]
夏娘さんへ
こんばんは。
柿の葉寿しは奈良が有名なんですね。
大阪に住んでいた父が熊本に来たときに「こんなのところに柿の葉寿しがあるんだ」と言っていたのを思い出しました。

熊本はまだまだ復興中です。
あと何年かかるんでしょうね。
[ 2016/11/23 19:55 ] [ 編集 ]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
[ 2016/11/23 20:38 ] [ 編集 ]
鍵つき様
くれぐれもお大事に。
[ 2016/11/23 20:47 ] [ 編集 ]
ビックリ
こんばんは。
いつも行った気持ちになって楽しませていただいて
います。

私も夏娘さまのコメントと同じで、
柿の葉寿司と言えば奈良と思っていたので
ビックリしました。

お寿司の形も全く同じです。
柿の葉は殺菌作用があるので、
普通のお寿司より日持ちもしますね。

ああ~食べたくなりました。

奈良に行かなくても…
近所のスーパーの寿司コーナーにも
あるのです。



[ 2016/11/23 23:21 ] [ 編集 ]
ヨガばあちゃんさんへ
おはようございます。

柿の葉寿しの本場、奈良のを一度食べてみたいです。
ここは遠く(と言っても隣県)福岡から常連さんが買いに来るそうです。
奈良に行くよりも近いですね(^^;

[ 2016/11/24 06:22 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL