小浜神社

平成の雲仙普賢岳の噴火で被害が出た場所の反対側、島原半島の西側にあるのが小浜温泉。

その小浜温泉にその昔、温泉の力で庶民の病気を癒した「湯の神」が祀られている小浜神社があります。

IMG_1693 (640x427)

IMG_1694 (640x427)


社殿の中には自由に入ることが出来て天井には一夜で描きあげたと伝わる龍の絵があります。

IMG_1698 (640x427)

この龍、 1792年に起こった寛政の大地震の時に天に舞い上がり、村人に大津波が起こることを 告げ、普賢岳から流出する溶岩を身をもって防ぎ、村人の命を救ったと伝わっています。
でも救ったのは小浜の人だけなんだよなぁ・・・。

寛政の大地震は別名『島原大変肥後迷惑(しまばらたいへんひごめいわく)』という災害で、島原で発生した雲仙岳の火山性地震と眉山の崩壊(島原大変)、それに起因する津波が肥後(熊本県)を襲った(肥後迷惑)災害です。

平成の普賢岳の災害の時も小浜温泉に被害が出ないように守ってくれたんでしょうね。

でも、風評被害はさすがに防ぐことは出来なかったみたい。
普賢岳の噴火のあと、小浜温泉は全く被害はないのに観光客が激減してしまいました。

熊本地震のときも、全く被害がない人吉温泉のキャンセルや天草地方の観光客激減。

震災が起こった時に家が崩れた場所ばかりテレビで映さないで、安全な場所をしっかり報道して欲しいですね。
倉吉のことを昨日記事にしたけど、倉吉の白壁もほぼ無事です。
近くの関金温泉、はわい温泉、三朝温泉などに早く宿泊客が戻るよう祈ります。
POI
スポンサーサイト
[ 2016/11/05 06:47 ] 神社 | TB(0) | CM(2)
今晩は♪
自然災害で、こういう貴重な文化遺産を失われるのが何よりもったいないですよね

今回九州旅行で長崎もいいな~と思ってたのですが、日数で無理がありますね

平日に行ったからゆっくり回れたのですが、やっぱり土日も激変してるのでしょうか

『復興』って言葉・・・深く考えさせられました
[ 2016/11/05 21:33 ] [ 編集 ]
豆兄弟の母さんへ
おはようございます。

九州は「ふっこう割」で観光客は徐々に戻ってきているようです。
でもこれが終わったらまたどうなるか分からないそうですが。

長崎はいいところですよ。
ランタンフェスタはおススメです。ぜひまた九州へお越しください。
[ 2016/11/06 09:44 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL