雲仙観光ホテルに泊まりました

長崎県雲仙温泉のクラシックホテル「雲仙観光ホテル」に泊まりました。

IMG_2937 (480x640)

IMG_3001 (640x480)

カイヅカイブキの並木道を通り抜けると翌昭和10年、外国人客を迎えるために開業した雲仙観光ホテルに到着です。

玄関を入ると開業当時の面影を残すシックで落ち着いた雰囲気のロビーが迎えてくれます。

IMG_2989 (640x480)

ホテル館内は大海原を航海する客船をイメージした設計でそれを象徴するのがドンと存在感を表すロビー中央にある大きな階段です。

ボビー (2) (480x640)

エレベーターがないので宿泊客はこの階段を利用して客室に向かいます。
過去どれだけの宿泊客がこの階段を利用し、雲仙観光ホテルの滞在を楽しんだんだろうなぁと思いながら僕も客室に向かいました。

真っ直ぐの廊下の両側に客室があります。

IMG_2956 (480x640)

宿泊したのは319号室。

IMG_3003 (478x640)

磨かれた真鍮のドアノッカーがクラシックホテルを感じさせます。
さらにその雰囲気を醸し出しているのだ、ドアノブと鍵。

IMG_2957 (480x640)

このドアを開けた室内はどんな風なんだろうと期待が膨らみます。

利用した部屋はデラックスダブル。

IMG_2959 (640x480)

真っ白なリネンをまとったベッドの背後にある壁紙がとても印象j的で、これは19世紀に活躍した英国のデザイナー、ウィリアム・モリスがデザインしたものです。

室内には歴史を感じるテーブルと椅子が置かれています。

IMG_2935 (640x480)

椅子は創業当時から受け継がれているもので「良きものは維持し守り続けること」というホテルのポリシーが伝わってきます。
座り心地はとてもよく、山側の部屋なので眺望はないですが、室内の雰囲気そしてこの椅子のおかげでと窓の外から聞こえる鳥の声を耳に部屋でのんびりと過ごしたくなります。

浴室は猫足のバスタブが。

IMG_2936 (480x640)

これは新しく導入したものですが、ノスタルジックな部屋を演出する脇役になっています。

創業当時と変わらない建物の佇まいの中で、古いものと新しいものが融合し、でも決して創業当時の姿を崩さないクラシックホテルです。
このホテルが完成した昭和初期は今のように気ぜわしくなくスローな時間が流れていたことが想像できます。ホテルに滞在すると当時の空気を感じながらゆったりとした時を過ごすことができます。

料理もとても美味しかった、それは明日の記事で。
POI
スポンサーサイト
[ 2016/11/01 06:43 ] 旅行 | TB(0) | CM(6)
素敵なホテルですね
もしも長崎へ旅行する機会が生まれましたら
泊まってみたいです
いつになるか分かりませんがメモらせて戴きますね
記事にしてくださりありがとうございました^^
[ 2016/11/01 11:57 ] [ 編集 ]
昔のニューグランドホテルのような感じ。
猫足の浴槽、、いいですねぇ~。
[ 2016/11/01 19:16 ] [ 編集 ]
くうたらねるこさんへ
九州を代表するクラシックホテルです。
長崎に行く機会があれば雲仙に足を伸ばしてこのホテルに宿泊してください。
長崎市内とは違った情緒が体験できますよ(^^)
[ 2016/11/01 20:14 ] [ 編集 ]
hippoponさんへ
猫足のバスタブはいつの時代も人気ですね。
これからも伝統を守って続けてほしいホテルです。
[ 2016/11/01 20:16 ] [ 編集 ]
雲仙観光ホテルいいですよね~。
クラッシックな建物はワタシも大好きです!
重厚でありながら、山小屋風の雰囲気もどこかにあり、固くならなくていいホテルですよね~。
ワタシは猫足バスタブと温泉と両方楽しみました~。
お部屋でのクッキーサービスも嬉しいですよね!お部屋では紅茶でティータイムを楽しまれたのではないでしょうか??
お食事では最後のワゴンデザートからゴルゴンゾーラのチーズケーキを堪能されたことと思います♪
[ 2016/11/01 23:12 ] [ 編集 ]
GUIHUAさんへ
おはようございます。
GUIHUAさんのブログを読んで泊まってみたいなぁと思っていました。
デザートはチーズケーキが苦手なので(^^;
でもホテル一押しのケーキ、食べてみればよかったと今さら後悔しています。
だからまた泊まりに行って食べたい、けど、10月から宿泊料金が20%くらい値上がりしたのでちょっと・・・(^^♪

午前中にホテルに入り荷物を預けて、ランチをホテルで取りゆっくり観光してり、チェックイン時間まであのロビーで過ごしたり図書室で過ごしたりするのもいいですよね。
[ 2016/11/02 06:50 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL