仲のいい夫婦の伝説が残る「オタツ岩とメタツ岩」

種子島西之表港から南方向に国道58号を東シナ海の海岸を望みながら進むと「雄龍(おたつ)岩」と「雌龍(めたつ)岩」と呼ばれる大きな岩が海の中に見えてきます。

IMG_2286 (640x427)


右側の角が一本出た岩が雄龍岩、二本出ている左の岩が雌龍岩です。
この岩には伝説があります。

IMG_2285 (640x427)


“昔、崖の上の小学校の地に、達五郎と達江という仲の良い夫婦が住んでいた。
ある夜、嵐のために崖くずれがあって、二人は家もろとも海に投げ出された。
それ以来、二人の姿を見かけたものはいなかった。
数ヶ月が過ぎて、いつの間にか二人が投げ出された海のところに、仲良くよりそうように大きな岩が立っていた。
人々はいつしかそれらの岩を、達五郎と達江の生まれ変わった姿ではないかというようになった。
そして、達五郎と達江の名前に因んでこの二つの岩をオタツ岩・メタツ岩と呼ぶようになった。”

本当に仲のいい夫婦だったんですね。
ここは縁結びのパワースポットとか。ここからは水平線に沈む夕日が見えるのでカップルで訪れるといいかも。

日本全国にある夫婦岩・夫婦石がある観光地で「全国夫婦岩サミット連絡協議会」が結成され、全国夫婦岩サミットを開催しているそうです。
この二人も参加しているんですね。
POI
スポンサーサイト
[ 2016/10/19 06:36 ] 屋久島・種子島 | TB(0) | CM(2)
ほ~んと、仲の良い夫婦のように見える岩ですね。そして、日本全国津々浦々、夫婦岩、夫婦石ってあるんですね~(^^)/
と、仲の良い夫婦って、どんななんだろう。あんまし見たことないなあ。アタシも結婚していて夫がいるんだけどなあ。変だなあ。笑
[ 2016/10/19 09:29 ] [ 編集 ]
きたあかりさんへ
こんばんは。
世の中いろいろな夫婦がいますが皆仲が良いんですよ(^^)
[ 2016/10/19 20:05 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL