種子島家住宅「月窓亭」

種子島の鉄砲館の近くにあるのが種子島家の住宅だった「月窓亭」です。

IMG_2212 (640x427)

IMG_2222 (640x427)

今から200年以上前の寛政7年(1795年)に建てられたもので、平成12年まで種子島家住宅として使用され所有者が転居することになったので西之表市が購入し、文化財として保存されています。

ちなみに「月窓亭」は6年前の平成22年に一般公募で決定した名前だそうです。

ここに入館する時が面白いのです。

IMG_2228 (427x640)

玄関外にある銅鑼を鳴らすんです。
訪問した日も周囲に響き渡るくらい銅鑼をたたいたら(「軽く打ってください」が目に入らなかった(^^;)家の奥から「はーい」とスタッフの方が出てこられました。

室内に案内されると施設の紹介ビデオをここで観賞。

IMG_2221 (640x427)

この時におもてなしの茶菓子が出されます。スタッフ手作りの。

IMG_3294 (640x478)

特に安納芋が絶品でした。
これ掘り立ての安納芋をふかしたもので、今が旬。いつも食べる安納芋は焼いたものだけど、あれは掘り立ての芋を熟成させて出荷しているという話をスタッフから聞きました。
食感がまったく違ってとても美味しかったです。

二階に上がると南国の爽やかな風が吹き抜けて気持ちよかった。

IMG_2218 (640x427)

庭では四半的ができます。矢5本で200円。
これどこかで見たなと思ったら、宮崎の飫肥城址でもありました。

IMG_2225 (640x427)

この屋敷には司馬遼太郎が40年位前に訪れているようです。
「街道をゆく」の取材旅行のためで、ここで歓迎の夕べが開かれたそうです。
安納芋のふかしたものも食べたのかなぁ?

「街道をゆく」はとても好きで読みましたが、「熊野・古座街道、種子島みち 」をもう一度読んでみようと思いました。
POI
スポンサーサイト
[ 2016/10/14 06:47 ] 屋久島・種子島 | TB(0) | CM(4)
えええ!今から200年以上前に建てられた住宅に、平成12年まで実際に住んでたの!びっくり!しっかりと建てた家を、きちんと手入れして住んでいらしたのでしょうか?
二階、ベランダのようで気持ちがよさそうですね。雨が入ってきそうだけれど、、、。
住んでみたい。安納芋も食べてみたい(^^)/
[ 2016/10/14 17:16 ] [ 編集 ]
きたあかりさんへ
こんばんは。
台風が頻繁に来襲する種子島で倒れることもなく今も存在しているってすごいですよね。
さすがに台風の時は二階は雨戸を閉めたのではないでしょうか(^^;

安納芋は堀立をふかしてくれて本当に美味しかったです。この時期に本場の種子島でしか味わえない絶品ですね。
[ 2016/10/14 20:02 ] [ 編集 ]
サービスのいい施設ですね~。
安納芋大好きです!
安納芋ってほくほくというより、べちゃりとした食感なんですが掘り立てもそうなんですか??
べちゃりでもワタシは甘みが強くて大好きなんですが、少しはほくほくした感じなのでしょうか??
他の茶菓子はなんでしょう?外観では何か判断できないのですが手前の白いのがお漬物に見えてしまいます。(笑)
[ 2016/10/15 23:27 ] [ 編集 ]
GUIHUAさんへ
安納芋は堀立をふかしているのでホクホクです。
この堀立を熟成させて出荷すると甘みが増してあのベチャっとした食感になるようです。
生産地だけでしか味わえない掘りたての芋でした(^^)

他のお菓子というか食べ物は、黒砂糖とカブの漬物、そして生姜のてんぷらでした。
どれも美味しかったですよ(^^)
[ 2016/10/16 06:53 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

カウンター
カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
フリーエリア